アナログ&オークションの開店のいきさつ

 2011年3月11日未曽有の大震災(東北地方)が発生しました。当時、私は新宿に勤務先がありましたが、通勤手段が無く、一週間この陸の孤島(武蔵台)に閉じ込められました。当時はガソリンも買えず、計画停電で夜は真っ暗、何もできずに一週間過ごしました。そうした中で一番ショックだったことは、自分はこの地域について、全く関わりを持たずにきたことでした。かみさんは子供の学校やら学童保育などでネットワークを持っていましたが、男は会社に行ってしまうと、地域との関わりは殆どありません。何かあっても家族と連絡が取れなかった場合、誰に連絡をすべきか不安になりました。そこで、コミュニティスペースが出来ないか考えました。
 また、私が仕事で不在の事が多く、2人の子供は妻と学校、地域の方々に育てられたと言っても過言ではありません。
 そこで、恩返しという程のことではありませんが、皆でワイワイと音楽の聴けるお店と家庭の不用品をオークションに代行出品するお店を作りました。それが「アナログ&オークション」です。
 今後ともよろしくお願いいたします。