初笑い サラリーマン見栄人類学!
(著者:ホイチョイ・プロダクション)







笑って!泣ける! おもしろ漫画
さて!皆さんはどちらのタイプ?
≪ 商社人間 VS メーカー人間 ≫

 随分と前になるが、メーカーに6年程勤めた経験がある。残念ながら物造りの最前線にいたとは言えないが、確かに1970年代・1980年代はメーカーにとって、最もエキサイティングな時であったと思う。 また、同時期に日本は経済的にも最盛期を迎えた。もちろん、商社も金融業界も我を忘れて投資や投機に血眼になった時である。そして、1987年の株の大暴落(いわゆる、ブラックマンデー)と共に、 日本は不況を迎えた。特にオーディオ不況と言われるように、メーカーの冬の時代が到来したのである。その後、1990年代後半にはITバブル期が到来し再び株式などへの投資・投機が盛んに行われた。 2008年にリーマン・ブラザースの破綻(リーマン・ショック)後、世界的金融危機(世界同時不況)へと突入していく。日本にとっては対岸の火事だったはずが、最も影響の大きい国となってしまった。 下記の「初笑い サラリーマン見栄人類学」は1984年に何かの雑誌に掲載されたものであるが、当時の時代背景とバブル期の入り口、メーカーに6年間勤務した時期ということで、妙に納得した記憶がある。 現在に当てはまるのかどうかは分からないが、当時のメーカー人間と商社人間(金融人間と置き換えても良いと思う)は確かに二分されていたように思う。さて、皆さんはどのようなサラリーマン人生を歩んできたのでしょうか?

著者:ホイチョイ・プロダクション
昭和59年発行




著者:ホイチョイ・プロダクション
昭和59年発行




著者:ホイチョイ・プロダクション
昭和59年発行




著者:ホイチョイ・プロダクション
昭和59年発行




著者:ホイチョイ・プロダクション
昭和59年発行




著者:ホイチョイ・プロダクション
昭和59年発行
著者:ホイチョイ・プロダクション
昭和59年発行
アナログレコードストアへ アナログレコード ザ・ビートルズへ アナログレコードプレーヤーへ