アナログレコード ザ・ビートルズへアナログレコードストアへアナログレコードプレーヤーへ
アナログレコード ザ・ビートルズへアナログレコードストアへアナログレコードプレーヤーへ

サイトマップへ

The Beatles For Analog Record Fan

アナログレコードのファンサイト

[ Analog Record FanSite ]

金沢蓄音器館
金沢蓄音器館
新冠町 Niikappu Town レ・コード館
アナログレコードファン > レコード四方山話
このページは 2021 年 10 月 14 日に更新されました。

アナログ レコード ファン レコード四方山話
[ Analog Record Fan Record Small Talk ]

レコード四方山話よもやまばなし

【 2018年~2021年 】

下の写真をクリックすると拡大されます。
拡大された写真に   が表示された時は、
クリックすると写真が変わります。
拡大された写真以外をクリックすると閉じます。

※スワイプ操作でタブ送り(戻り)ができます。

【2021年の四方山話】

♪ 我が家の家紋・丸に違い鷹の羽まる ちが たか は ♪

我が家の家紋・丸に違い鷹の羽

 子供に「我が家の家紋」は何?と聞かれて、久しぶりに我が家の家紋「丸に違い鷹の羽」を調べてみた。家紋の数って凄いですね。鷹の羽だけでも何十種類とある。家紋って一体どうやって決まるのかな?私は父から我が家の家紋は「丸に違い鷹の羽」と言われ、喪服などにも「丸に違い鷹の羽」が描かれていた記憶がある。先祖代々のものだからと言われたら何も言えなくなってしまう。家紋とは不思議なものだ!

2021.10.14 掲載

♪ 月のたまご・天然石オニックス ♪

月のたまご
天然石オニックス

 買った記憶の無い物がこの「月のたまご・天然石オニックス」である。おそらく、石和温泉に行った時に購入したものと思う。山梨県は果物が豊富で石和温泉の周辺にもワイナリーが多い。また、鉱山等があり水晶や天然石の宝庫でもある。おそらく、そこで購入したのだろう。まして、当家には「かに座」は私だけである。
 この石に貼ってあるシールには「願いごとがかなうよ! 月のたまご 天然石オニックス」と書いてある。
 疑問① 願いごとがかなうよ!とは何処かの神社で購入したのか?しかし、神社の名前は無い!!
 疑問② 「月のたまご」というネーミングがおかしい。普通なら「月の石」とすべきだろうが、おそらくネーミングとしては避けたのだろう。「月の石」は実在するからだ!!
 とりあえず、難しく考えないで、「願いごとがかないますように!!」


オニキス(オニックス)の宝石言葉とその意味

宝石言葉
遠からぬ成功
意味
本来持っている才能を目覚めさせて、成功に導く

こういう事だったんですね!

2021.10.14 掲載

★ ポップ・トップス (POP TOPS) ★
♪ マミー・ブルー (Mamy Blue) ♪

ポップ・トップス (POP TOPS) マミー・ブルー (Mamy Blue) SLEEVE ポップ・トップス (POP TOPS) マミー・ブルー (Mamy Blue) LABEL

両面共に「MANUFACTURED BY NIPPON PHONOGRAM CO LTD, TOKYO」

ポップ・トップス (POP TOPS) マミー・ブルー (Mamy Blue) SLEEVE ポップ・トップス (POP TOPS) マミー・ブルー (Mamy Blue) LABEL

A面のクレジットは「MANUFACTURED BY VICTOR COMPANY OF JAPAN,LTD,YOKOHAMA」となっている。B面は上と同じ。

 マミー・ブルーは私が中学生の時に流行った歌でバック・コーラスが「オーマミ、オーマミマミーブルー、オマミブルー」と歌い、メインボーカルがバック・コーラスに絡むように歌う。メロディーは単調ではあるが、分かりやすく一度聴けば大概の人は覚えてしまうと思う。
 このマミー・ブルーのレコードであるが、私が持っていたのは下段のEP盤で上段のレコードはお客さんが持ってきたものである
 ほぼ同時期のものであろう。価格も同じである。何故2種類のスリーブで発売したのであろうか?
 発売時期が異なっている場合は違うスリーブでも良いと思うが、同時期であるとその理由が是非、知りたいもである。なお、マトリックスNo.は上段の方が番号が若い。
 理由は簡単であった。レーベルにその答えがあった。上記のEP盤は両面共に「日本フォノグラム製」であるが、下段のEP盤のA面は「日本ビクター製」である。B面は上記と同じである。

ポップ・トップスのシングル はこちら

2021.10.10 掲載

♪ 秋の気配 ♪

曼珠沙華
まんじゅしゃげ

令和の
枯れススキ!

 暑い!暑い!と言ってたと思ったら、あっという間に風が涼しくなり秋の気配が漂い始めた。世間では未だ緊急事態宣言中であるが、確実に感染者も減ってきている。
 政治が何もしなくても、国民や医療従事者の努力でここまで沈静化してきたのだろう!
 夏場の脅威はこの国の歴史に深く刻まれただろう!何しろ国民の命よりも「オリンピック・パラリンピック」を優先した「菅義偉内閣総理大臣」・「小池百合子東京都知事」・「丸川珠代五輪担当大臣」・「橋本聖子JOC会長」この4人は国民の命よりもオリンピックが大事だった!!
 果たして何人の人がオリンピック開催の影響を受けて命を落としたのだろうか?それを、上回る感動とやらはどうしたのだろう!既に忘れ去られた過去のイベントになった。そして、パラリンピックにいたっては何時始まって、何時終わったのかも知らない!本当に酷い大会だった。
 そして、今は自民党の総裁を決めると騒いでいる。立候補者の顔ぶれを見るとこの国にはまともな政治家はいないのだと思う。はっきり、国会議員は各県から代表1人で十分であり定年を60歳として、それ以上は国会議員にはなれない様にすべきだろう。
 本当に安部・菅は腐っている。この国を最低の国にしてしまった。もう、モラルも崩壊、ともだち以外は聞く耳すらないようだ。早く安部の重罪を広く国民に広めて欲しい。この政治は駄目だ!!
 来週は秋のお彼岸だ。「暑さ寒さも彼岸まで」といい、それを過ぎると段々と寒くなる。今は秋の真っ盛りで秋の恵みが沢山ある。果物を始め身の回りにも秋の気配が感じられる。
 いつもなら巾着田の曼珠沙華が500万株と咲き誇るこの時期であるが、新型コロナの影響で巾着田も閉鎖されている。近所を散歩していたら、道端に曼珠沙華が咲いていた。いつもの貯水池には珍しくススキが咲いていた。

2021.09.19 掲載

★ ビージーズ ラン・トゥ・ミー (Run TO Me)! ★

UK盤 シングル Polydor オリジナル
Run To Me

Run To Me (ラン・トゥ・ミー) Label Side A Road To Alaska (アラスカへの道) Label Side B

国内盤 シングル ポリドール 見本盤
ラン・トゥ・ミー

国内盤 シングル ポリドール 見本盤 ラン・トゥ・ミー 国内盤 シングル ポリドール 見本盤 アラスカへの道

 ラン・トゥ・ミーは1972年ビージーズのヒット曲である。どうも、ビージーズというと「マサチューセッツ」が思い出されてしまうが、ヒット曲の多いグループの1つだ。特にコーラスは素晴らしい!!
 当時、私が小学生か中学生の頃には映画「小さな恋のメロディ(メロディ・フェア)」が流行っていた時代だ!主役がマーク・レスターとトレイシー・ハイドでした。懐かしい!
 話がそれてしまったが、ここでは「ラン・トゥ・ミー」の話をする。元々は1975年に発売されたLP「The Scope Of The Bee Gees (若葉のころ) 」に入っていた曲で、当時も結構好きな曲でした。
 ここでは、国内盤のオリジナルはありませんが、UK盤のオリジナルと国内盤の見本盤を聴き比べてみました。UK盤は出足のピアノがかなり高音で始まるのに対して国内盤はそれほど高音では無いのに驚き。
 さすがに、UK盤は低域もしっかりと出ていて安定している。国内盤は何となくおとなしく聴こえる。LP盤に比べると低音域は出ている。やはりコーラスは高音域が出ているUK盤が素晴らしいと思う!!

ビージーズのシングル はこちら

2021.09.11 掲載

★ カム・トゥゲザーとサムシング! ★

UK盤 シングル APPLE オリジナル
Something / Come Together

Something Label Side A Come Together Label Side B

国内盤 東芝音工 シングル APPLE
カム・トゥゲザー / サムシング

国内盤 東芝音工 シングル APPLE カム・トゥゲザー 国内盤 東芝音工 シングル APPLE サムシング

 カム・トゥゲザー(Come Together)とサムシング(Something)はビートルズの最後のアルバム「アビー・ロード(Abbey Road)」に収録された曲だ。更にサムシングはジョージ・ハリスンの傑作で名曲だ!
 意外とLPもそうだが、普段国内盤を聴いていては分からないミキシングがビートルズには多いのも事実だ。これは東芝音工に聞いてみたいところではあるが・・・
 さて、この2曲のシングル盤であるがUK盤と国内盤ではA面とB面が逆になっている。確かにどちらも素晴らしい作品だが何故A面とB面を入れ替えたのか?ジョージよりもジョンとポールの作品が日本では売れているからなのか?
 まだ、日本でのジョージの知名度が低かったのか?謎である!!
 さて、音であるが、どちらも重低音の聞いたベース・ドラムがたまらない。ジョンもジョージも力作に相応しい歌唱だ。ところが、UK盤と聴き比べるとどうも低音が違うのだ!
 そう、UK盤の低音は引き締まった低音なのだ。確かに国内盤も低音は出ているが「だらん」(コトバンク:勢いがなくたるんでいるさま)とした感じなのだ!!
 サムシングに至ってはUK盤に比べると高め(高音域)のミキシングとなっている。この期に及んでも東芝はミキシングを間違えているのだ!

ビートルズのシングル はこちら

2021.09.11 掲載

★ ビートルズの愛すべきレコード ★

A Hard Day's Night
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

国内盤 東芝音工 OP-7123
A Hard Day's Night

国内盤 東芝音工 OP-7123 A Hard Day's Night (ジャケット) 国内盤 東芝音工 OP-7123 A Hard Day's Night (レーベル)

国内盤 東芝音工 OP-8147
A Hard Day's Night

国内盤 東芝音工 OP-8147 A Hard Day's Night (ジャケット) 国内盤 東芝音工 OP-8147 A Hard Day's Night (レーベル)

台湾盤 中聲唱片 CSJ-34
披頭快来了 ー呀ー呀ー

台湾盤 中聲唱片 CSJ-34 披頭快来了 ー呀ー呀ー (ジャケット) 台湾盤 中聲唱片 CSJ-34 披頭快来了 ー呀ー呀ー (レーベル)

台湾盤 国際唱片 SGL-5019
披頭合唱團 狂歓一夜

台湾盤 国際唱片 SGL-5019 披頭合唱團 狂歓一夜 (ジャケット) 台湾盤 国際唱片 SGL-5019 披頭合唱團 狂歓一夜 (レーベル)

台湾盤 第一唱片 FL-1122
電影「狂歓的一夜」全部挿曲

台湾盤 第一唱片 FL-1122 電影「狂歓的一夜」全部挿曲 (ジャケット) 台湾盤 第一唱片 FL-1122 電影「狂歓的一夜」全部挿曲 (レーベル)

 ビートルズの愛すべきレコードにハード・デイズ・ナイトがある。ご存知の通り、ビートルズの3枚目のアルバムにして、初のサウンドトラック、そして全曲オリジナルである。その素晴らしさは未だに輝きを失っていない。今聴いても新鮮だ!
 当時のことは分からないが、このレコードは東芝音工から2種類発売されている。OP-7123(7000盤台)とOP-8147(8000盤台)だ。どちらも、エバークリーンの赤盤だ。どうして、番号を変える必要があったかは定かではないが、番号が変わるという事はカッティングをやり直していると思う。(通常はラッカー盤にレコード番号を刻印するため)
 何か音に問題があったのか?制作過程にミスがあったのか?謎である。
 違いはジャケットの最上段のSTEREO表記とレーベルのLONGPLAYの有無だけで、それ以外は同じである。
 下の3枚は台湾で発売されたハード・デイズ・ナイトである。何と異なるレコード会社から発売されている。タイトルも発売元によって様々である。(特に間違ってはいない)
 何故かジャケットはいずれも日本盤をコピーしたようなもので画質も悪い。国際唱片(SGL-5019)はOP-7123のコピーで上段にSTEREOの表記があり、国内盤のジャケットに最も近い。他の台湾盤は字体も異なり、ジャケットにピンクやグリーンの色が付いている。また、ジャケットはビニールで覆われたタイプである。
 現在所有している台湾盤は3枚であるが、当時この他にも発売されていたかどうかは不明である。
 なお、国内盤は1976年以降(EAS以降)は英国盤と同じデザインとなっているため、このデザインはOP盤とAP盤のみである。
 また、オリジナルデザインでは「A Hard Day's Night」のロゴは赤文字であるが、白文字も存在する。それについては、「I Love Beatles」を参照してください。

「I Love Beatles」 はこちら

2021.08.19 掲載

★ 日本列島を覆った2000kmにも及ぶ大気の川! ★

珍しい朝焼け!

珍しい朝焼け!
自宅2階から東の空を望む

珍しい朝焼け!

珍しい朝焼け!
武蔵台から東の空を望む

西の空には虹!

少し薄くて見えずらいですが
西の空には虹!

 ここ一週間あまり、日本列島を大気の川が2000kmにもわたり覆った。各地に線状降水帯が発生し、九州、四国、中国、近畿、東海、日本海側、関東、信州、東北にまで影響を及ぼした。多くの方が50年に一度と言われるような大豪雨を経験し被災されている。
 人間が自然に対して、いかに無力かを思い知らされる出来事だ!
 この雨もまだ20日辺りまで続く予報だ!更なる災害が発生し無い事を願うばかりだ!
 この雨の中の束の間の晴れ間が今朝見えた。朝、目覚めると窓からの光がやたらと赤く燃えるようだった。思わず、携帯電話を片手に2階、そして朝日の見える場所に行ってみた!
 美しい朝焼けと西の空に虹が見えた。・・・写真では薄くて見づらいと思いますが!・・・

2021.08.18 掲載

★ 今年は少し早めの梅雨明け! ★

今年は少し早めの梅雨明け!

今年は少し早めの梅雨明け!
武蔵台から東の空を望む

 本日、関東甲信地方・東北地方の梅雨明け宣言が出された!昨年に比べて少し早いようである。昨日まではどんよりと曇り空に雷鳴がなり、雨も降っていた!しかし、今日の空は間違いなく夏の空だ!
 昨日までの梅雨前線はどこに行ってしまったのだろう?
 東京では開幕まであと1週間となった東京オリンピック。多くの日本人が中止を望んでいたが、国民の声を無視した自民党(菅総理)によって、強引にも開催されることになった。
 開幕まであと1週間というところで、新型コロナの変異種であるインド型(デルタ株)が猛威を振るい始めた。更に「デルタプラス」や「ラムダ株」が次に控えている。これらの変異種にワクチンがどこまで作用するのか?、現在まで分かっていない。
 菅総理や五輪大臣、東京都知事、IOC、JOCの面々は口を揃えて「安心・安全」だと言っているが、既に東京では緊急事態宣言も出ている状況だ!
 オリンピック終了後に更なる変異株、「東京型変異株」が出ないことを祈ろう!!

2021.07.16 掲載

★ HOT MENU '73! ★

HOT MENU '73!

HOT MENU '73 ジャケ(表)

HOT MENU '73!

HOT MENU '73 ジャケ(裏)

HOT MENU '73!

レーベル (Warner)

HOT MENU '73!

レーベル (Atrantic)

RAMATAM 米国盤 (Atrantic)

RAMATAM
米国盤 (Atrantic)

アRAMATAM 米国盤 (Atrantic)

RAMATAM
米国盤 (Atrantic)

RAMATAM 国内盤 (Atrantic/見本盤)

RAMATAM
国内盤 (Atrantic/見本盤)

RAMATAM 国内盤 (Atrantic/見本盤)

RAMATAM
国内盤 (Atrantic/見本盤)

 1973年という年はロックが全盛となった、正にその年だと思う。特にロックでは1962年のビートルズを皮切りに1970年代、1980年代初頭まで続く。特に1970年代はロックの全盛で様々なロックとアーティストが音楽業界を賑わしていた。
 そんな中、ワーナー・パイオニアからHOT MENU '73というサンプラー盤が発売された。LP2枚組で980円という価格は当時、LPが2000円前後していた時に破格のレコードであった。さらに、この手のレコードにありがちな曲が途中でフェイドアウトしてしまうようなことはなく、全曲フルに聴けたのである。
 私も何度も聴いては好きな曲のLPを買ったものである。そういう意味ではネットの無かった時代に我々に多くの曲を与えてくれたレコードである。
 その中で、私のお気に入りの曲の1つがラマタム(RAMATAM)の「Wild Like Wine」(ワイルド・ライク・ワイン)だ。もともと、米国盤を所有していたが、オークションでサンプル盤が出品されていたので、久しぶりにどんな音がするのか購入してみた。
 意外にも・・・是非一度聴いてみてください。!!

ロック(R-S) はこちら

オムニバス(1) はこちら

2021.06.26 掲載

★ アート・イン・アメリカ! ★

アート・イン・アメリカ!

Art In America
USA盤 (Pavillion)

アート・イン・アメリカ!

Art In America
USA盤 (Pavillion)

アート・イン・アメリカ!

Art In America
国内盤 (CBS/SONY)

アート・イン・アメリカ!

Art In America
国内盤 (CBS/SONY)

アート・イン・アメリカ!

Cloud Born
USA盤 (Edgewater)

アート・イン・アメリカ!

Cloud Born
USA盤 (Edgewater)

 1983年たった1枚のLPを発売し、その後どうなったのか?
 この謎のグループがアート・イン・アメリカだ!
ライナーノーツにもこのグループの詳細は書かれていない。兄弟かどうかも曖昧であり、女性がハープを弾いていることぐらいである。
 一時期、ネットでライブの動画が公開されていたが、詳細は不明のまま解散したというようなニュースがあった。
 このLPは私のお気に入りの一枚で全曲素晴らしい。特にハープの音色に絡み合うドラム・ギター・ベースが良い。アップテンポの曲は軽快でスローテンポの曲はじっくり聴かせてくれる。メリハリの効いたバンドだ。
 現在、再結成をして2枚目となる「クラウドボーン」というCDを発売している。ネットにはアート・イン・アメリカのホームページもあり、CDの購入も可能だ。勿論、アマゾンでの購入もできる。
 メンバーはクリス・フリン(ヴォーカル・ギター)、ダン・フリン(ドラムス・パーカッション)、シショニー・フリン(ヴォーカル・ストリングハープ)の3人とゲスト・ミュージシャンとの構成である。
 今回のCDではDavid Hentschel (Genesis, Mike Oldfield, George Harrison) - Piano solo (3), assorted keyboards (1-6) sitar (5) Tony Levin (King Crimson, Peter Gabriel, Liquid Tension Experiment, California Guitar Trio) - Bass (1-6)等のクレジットもあった!
 是非一度聴いてみてください。!!

アート・イン・アメリカ はこちら

2021.06.26 掲載

★ この国は狂気に満ちている! ★

この国は狂気に満ちている!

この国は狂気に満ちている!
Pink Floyd (ピンク・フロイド)
THE DARK SIDE OF THE MOON (狂気)

 新型コロナウィルスが国内に蔓延してから、一年半が過ぎた。政権は安部総理から菅総理に変わった。しかし、その間に政府や行政が行ったことは殆ど国民のためのものではない。私利私欲のための「goto~」や「2020東京オリンピック」を開催するためのものだ。
 既に国内にも新型コロナの変異種が猛威を振るい始めている。コロナワクチンの接種もとても進んでいるようには見えない。
 しかし、政府も東京都もIOC,JOCもオリンピックは開催が既定路線となり多くの矛盾と国民の犠牲の上に開催しようとしている。正に「狂気」だ!
 もともと、日々公表されている感染者や感染死亡者の数値があてにならないし、蔓延防止も緊急事態宣言も殆ど効果は見込めない。むしろ、休業要請されている飲食関係、大型店舗(デパート)、イベント関係(オリンピック関連はOK)などが、 単に悪者扱いされ、何の根拠も無い中で割を食っている!指示する政府(政治家)も東京都(都知事)も全く腹は痛まないので、簡単に緊急事態宣言を出しては延長、オリンピックに合わせて解除の繰り返し!
お願いして何かあれば国民・都民の責任!
 正に「狂気」だ!この国は「狂気」に満ちている!
 ということで、ピンク・フロイドの「狂気」。
 是非一度聴いてみてください。!!

ピンク・フロイド はこちら

2021.05.29 掲載

★ 令和3年 携帯ゲーム 四字熟語クロスにハマった! ★

四字熟語クロス トップメニュー

トップメニュー

四字熟語クロス ゲームフレーム

ゲームフレーム

四字熟語クロス ステージクリアー

ステージクリアー

四字熟語クロス 策士と①築地②官職

策士と①築地②官職

四字熟語クロス 成果一覧

成果一覧 (スクロール)

四字熟語クロス 策士一覧

策士一覧 (スクロール)

トップメニュー

四字熟語クロス トップメニュー

ゲームフレーム

四字熟語クロス ゲームフレーム

ステージクリアー

四字熟語クロス ステージクリアー

策士と①築地②官職

四字熟語クロス 策士と①築地②官職

 四字熟語クロスのトップメニュー、左上にあるのが、四字熟語のクロスワードパズルである。実際にはゲームフレームのような画面で下段から文字を選んで、四字熟語を完成させていく。
 ゲームフレームはステージ毎に様々な形があり、ステージが進むにつれ四字熟語も難易度が増していく。ステージをクリアーすると、「コイン」と「経験」というポイントが与えられる。「コイン」と「経験」はゲーム中の色々な場面で受け取る事ができる。「火眼金晴」と「毎日報酬」は日が変わった時に動作し、「火眼金晴」はゲームをクリアーすることで、「コイン」と「経験」を受け取ることができる。
 成長の中には「任務」と「成果」があり、任務は現在のゲームに於いてやるべき指示であり、「成果」は条件をクリアーすることにより得られる「経験」である。「任務」の遂行により、さらに「経験」を受け取ることができる。
 このゲームは「成果」を達成すること、さらに「経験」により得た得点によって、「官職昇進」と「築地進級」が進んでいく。
 策士は25人で全てである。策士を得るには三つのコインから一つを選び、運よく引き当てると得ることが出来る。
 なお、「官職昇進」と「築地進級」は36段階あり、それぞれの最高位は「衡力道人」と「赤柰天」である。・・・所要期間は約半年でした!!

 四字熟語クロスのトップメニュー、左上にあるのが、四字熟語のクロスワードパズルである。実際にはゲームフレームのような画面で下段から文字を選んで、四字熟語を完成させていく。
 ゲームフレームはステージ毎に様々な形があり、ステージが進むにつれ四字熟語も難易度が増していく。ステージをクリアーすると、「コイン」と「経験」というポイントが与えられる。「コイン」と「経験」はゲーム中の色々な場面で受け取る事ができる。「火眼金晴」と「毎日報酬」は日が変わった時に動作し、「火眼金晴」はゲームをクリアーすることで、「コイン」と「経験」を受け取ることができる。
 成長の中には「任務」と「成果」があり、任務は現在のゲームに於いてやるべき指示であり、「成果」は条件をクリアーすることにより得られる「経験」である。「任務」の遂行により、さらに「経験」を受け取ることができる。
 このゲームは「成果」を達成すること、さらに「経験」により得た得点によって、「官職昇進」と「築地進級」が進んでいく。
 策士は25人で全てである。策士を得るには三つのコインから一つを選び、運よく引き当てると得ることが出来る。
 なお、「官職昇進」と「築地進級」は36段階あり、それぞれの最高位は「衡力道人」と「赤柰天」である。・・・所要期間は約半年でした!!

四字熟語クロス 官職昇進

官職昇進 (スクロール)

四字熟語クロス 築地進級

築地進級 (スクロール)

四字熟語クロス 築地進級(最終)

築地進級(最終)

四字熟語クロス 築地進級(赤柰天)

築地進級(赤柰天)

四字熟語クロス 昇級おめでとう!

昇級おめでとう!

四字熟語クロス カウンターなし

カウンターなし

四字熟語クロス 最終の画面です!

最終の画面です!

成果一覧 (スクロール)

四字熟語クロス 成果一覧

策士一覧 (スクロール)

四字熟語クロス 策士一覧

官職昇進 (スクロール)

四字熟語クロス 官職昇進

築地進級 (スクロール)

四字熟語クロス 築地進級

築地進級(最終)

四字熟語クロス 築地進級(最終)

築地進級(赤柰天)

四字熟語クロス 築地進級(赤柰天)

昇級おめでとう!

四字熟語クロス 昇級おめでとう!

カウンターなし

四字熟語クロス カウンターなし

最終の画面です!

四字熟語クロス 最終の画面です!

2021.04.05 掲載

★ 令和3年 新年のご挨拶 ★

令和3年 新年のご挨拶

令和3年 新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます
 本年も宜しくお願い致します
 新型コロナが一日も早く収束することを願っています。

 画像は「年賀状デザイン無料テンプレート」さんからダウンロードさせて頂きました。

トップページはこちら

ダウンロードした画像はこちら

2021.01.01 掲載

【2020年の四方山話】

♪ フランス盤レットイットビーの不思議! ♪

USA Original STEREO Frank Sinatra My Way

フランス オリジナル盤

USA Original STEREO Frank Sinatra My Way

フランス オリジナル盤

USA Original STEREO Frank Sinatra My Way

イギリス 逆輸入盤

USA Original STEREO Frank Sinatra My Way

イギリス 逆輸入盤

 フランス盤のレットイットビーにはフランス国内向けの「2C-062-04433Y」と本国イギリスより委託された「PCS-7096」の2種類がある。どちらが先かは不明である。私の所有する盤のマトリックスNoは、 前者が「Side-A 04433-A-21 (M6-272601) / Side-B 04433-B-21 (M6-272602)」、後者が「Side-A YEX-773-3U (M6-298523-1) / Side-B YEX-774-3U (M6-298524-1)」である。勿論、カッティングも異なっている。後者はスタンパー(マザー?)を輸入してプレスしたものかと思う。ジャケットはUKと同じだが、レーベルには「Made in France by Pathe Marconi」と「Mfd. in U.K.」の印刷がある。
 音であるが、フランス盤の方は高音が抑え気味で中低音域が良い。非常に聴きやすい音だ。レットイットビーもギターとドラムが力強い。高音のハイハットは聴きとりにくい。フランス盤のミキシングはどうも、日本人好みなのかも知れない。
 なお、委託された後者であるが、これは本国の音と遜色は無いだろう。高音もしっかり出ていて、バランスが良いのは流石だ。

The Beatles (ザ・ビートルズ) 欧州盤(2)はこちら

2020.12.19 掲載

♪ フランク・シナトラのマイ・ウェイ その2 ♪

USA Original STEREO Frank Sinatra My Way

USA Original STEREO
Frank Sinatra
My Way

USA Original STEREO Frank Sinatra My Way

USA Original STEREO
Frank Sinatra
My Way

 やはり、米国盤のマイ・ウェイは良い!
 前回、所有していないので、是非欲しいという願いが、叶った!
 アメリカの中古レコード専門店で手頃なオリジナル盤があった。送料を含めても国内のオークションよりも安く買えたが、郵送に通常よりも時間が掛かったように思う。手元に届くまでに11日間掛かった。
 その盤が昨日届いたので、早速に聴いてみた。やはり、お客さんの持ってきたUSA盤と同じで、全体的に静かだ。歌い上げる部分も日本盤に比べると幾分抑え気味だ。
 やはり、フランク・シナトラのマイ・ウェイは米国盤が良い!

フランク・シナトラはこちら

2020.11.29 掲載

♪ カーペンターズのナウ・アンド・ゼン ♪
★ 国内発売の直輸入盤! ★

カーペンターズ ナウ・アンド・ゼン 米国盤(直輸入盤!)

ナウ・アンド・ゼン
米国盤(直輸入盤!)

 先日(11/15)、「カーペンターズのナウ・アンド・ゼンの不思議2」と題して、米国盤(プレスはSanta Maria)の話を書いた。そして、幸運にも2枚目の米国盤を手に入れる事ができた。
 この盤は直輸入盤でキングレコードが発売したものである。珍しいシールがジャケットに貼られている。良くジャズやクラシックには直輸入盤という形態でレコードが販売されていたと聞いた事があるが、 ポピュラー、それもカーペンターズにも直輸入盤があったとは驚きである。余談ではあるが、価格は2500円となっているので、当時としては国内のプレスに比べて少し高いようである。しかし、現在、アメリカからLPを購入すると送料は$25~$30を 覚悟しなければならないので、当時の価格としては破格である。最も貨幣価値は1973年当時とはかなり異なるが・・・
 尚、プレスはTerre HauteでT2/T3のマトリックスである。明らかに前回のプレスとは工場が異なるのでどのような音がするのか興味がある。
 本日、聴いたところ先日購入した米国盤と殆ど同じである。おそらく、カッティングされたラッカー盤は同じものだと思われる。いずれにしても、カレンの声は「明るく、伸びやかである!」。
 やはり、この音が本来の音であったのだ!!

★プレス工場
①SP3555-Mx:Monarch Record Mfg. Co
②SP3555-Px:Columbia Records Pressing Plant, Pitman
③SP3555-Tx:Columbia Records Pressing Plant, Terre Haute
④SP3555-Sx:Columbia Records Pressing Plant,

カーペンターズはこちら

2020.11.25 掲載

♪ 子供の頃に良く聴いたピクチャーレコード発見! ♪

カナリヤ・レコード K-35-A 一寸法師(上) 劇団つみき座

カナリヤ・レコード
K-35-A
一寸法師(上)
劇団つみき座

カナリヤ・レコード K-35-B 一寸法師(下) 劇団つみき座

カナリヤ・レコード
K-35-B
一寸法師(下)
劇団つみき座

カナリヤ・レコード K-36-A 春が来た 歌:下條美砂子

カナリヤ・レコード
K-36-A
春が来た
歌:下條美砂子

カナリヤ・レコード K-36-B 電車ごっこ 歌:松原里美

カナリヤ・レコード
K-36-B
電車ごっこ
歌:松原里美

 既に電子ブックにアップしたが、エルプ・ファンクラブ第2号の会報に私が寄稿したものが掲載されている。最初に私が子供の頃に良く聴いたピクチャーレコードの話を書いた。
 当時、母親にそのレコードの事を聞いた時、父が「友人にあげてしまったため、もう手元に無いよ」という返事に随分と落胆した想い出がある。
 先日、既に父は亡くなってしまっていて、母も随分と年齢を重ね、そろそろ自分の子供の認識さえも出来なくなりつつある。
 既に90歳を超え、自力歩行もままならない状況なので仕方がない。老人ホームのお世話になり最後はそこで終わりを迎えることだろう。折しも、新型コロナウイルスの蔓延により、現在は面会も出来ない状況である。
 そろそろ、父の遺品や母の品々も整理しなければならず、実家に行って片付けの手伝いをしてきた。
 箪笥の中や押し入れの中の古びたアルバムやら生前に使用していたカメラや書道道具、文庫本やらカラオケセットまで、かなりの量の不用品?が出て来た。
 そして、その中に友人にあげたと言っていたSP盤のレコードが押し入れの片隅に置かれていた。私はこれだ!と思い小躍りしてしまった。
 流石、おやじだな。このレコードを手放すことなど絶対無いと私は信じていた。

SP盤(78回転)のコーナーはこちら

2020.11.21 掲載

♪ 音作りの違い!! ♪

 現在のようにデジタルな音源(CDやDVD)などはアーティストが直接または間接的にデジタル変換するので、レコード作成で云うならダイレクト・カッティングとでもしておこう。直接という意味でデジタルのように加工はできないが・・・
 デジタル化された音は様々に加工できるので後からアーティストが好みの音に仕上げているのである。
 近頃ではレコードもデジタル化されリマスターされた音源も非常に多い。ビートルズ等は何度となくデジタル化されより良い音になったとして、発売されている。(レコードもそうであったが・・・)
 デジタル化された音源はCDやDVD、ダウンロードして手元の音響機器で再生されるので、音響機器の違いによって音質等は異なるものの音源が変わることはない。最もアーティストやメーカーがリミックスすれば異なる音源となる。
 さて、レコードであるが当時はマスターテープに録音された音源からレコードを作成することもあると思うが、多くはマスターテープから複写された子・孫・ひ孫のテープから作成されている。最も直接、スタンパーを取り寄せたり、プレスされたレコードを輸入したり、音源的にはマスターと遜色の無い音で楽しめた。
 問題は複写されたテープの場合、各国でレコードの製作工程に入る。最も音質が変化するのは、そのテープからラッカー盤を製作する工程である。一般的にはミックスダウンと呼ばれ、複数トラックに記録された音源を纏めてLとR(ステレオ)にカッティングマシンで音を刻んでいくのである。
 この作業工程では元のテープの音に様々な加工が可能である。従って、ラッカー盤がそのレコードの音源になって表れてくるのである。
 これは、レコードの面白さの1つでもある。各国の文化や指向性によって、音作り(レコードの音源)に違いが出てくるのだ。特にアメリカやヨーロッパ、日本でもそのような違いが表れている。音源であるテープをどこから輸入するかによって音が異なるものになってしまう。
 アメリカの場合はやはりカントリー&ウエスタン、ジャズ・ロックの文化で各アーティストのレコードも音が弾んでいる場合(全てではないですが・・・)が多い。いかにもアメリカ的な音作りとなっている。
 ヨーロッパではやはり、クラシックや室内音楽として音楽を楽しんできたせいか、音は何となく柔らかい。私は「大人ミックス」と呼んでいる。勿論、どちらも良い音で歴史を感じさせられる。
 さらに、ヨーロッパ文化ではイタリアのカンツォーネやフランスのシャンソン、また、オペラ等が文化を形成しているため、そのような音作りになっている。
 南アメリカではリオのカーニバル等サンバのメッカであるが、サンバは元々、アフリカ系奴隷たちによって生み出されたもののようだ。ペルー、エクアドル、ボリビア、チリではインカ帝国の発展から楽器等にも色濃く表れている。アフリカはどちらかというとリズム文化とでも言えるような国々が多い。
 このような文化の違いはレコードの音作りにも大きな影響を与えている。
 なお、ビートルズでは当時のレコード作成機材の優劣やエンジニアの技量等にも影響を受けていたようだ。音質面、回転速度、LRの逆転等の異なるものがある。また、日本の場合、当時は「ロックバンド」というより「グループサウンズ」全盛であったため、そのようなミックスになったと思えてならない。
 ※現在、ビートルズの音源やジャケットは世界で統一された規格となっている。・・・その割にはEMIはあの手この手で音源を引っ掻き回しているように思えるが・・・いい加減に元のテープの音に戻して欲しい!!
 ビートルズは最もファンを大切に考えていたグループでレコードを重要な媒体と考えていた。その代表的なものに、LPとEPは別物と考え、デビュー盤の「Please Please Me」と「Oldies but Goddies」は別として、LPとEPの重複はない。最も、後にシングルカットやらオムニバス盤は山のように発売されたが・・・
 また、LPに於いては最初のレコード制作(おそらく、カッティング~プレス迄?)に立ち会ったという話を聞いた事がある。従って、ファーストプレスと呼ばれるレコードの音はビートルズの4人が聴いていた音なのだ!!
 ※Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandはステレオのみ立ち会ったようである。その後、各自休暇を取ったため、モノラルはエンジニアのみで作成したようである。(逆だったかな?)

2020.11.16 掲載

♪ 東郷公園 「もみじまつり」は中止になりました! ♪

 この時期になると吾野にある東郷公園の「もみじまつり」のジャズ・ライヴが楽しみになってくるが、今年は
【前夜祭】 令和2年11月21日(土) 14時30分頃より 催し物開始
           《ジャズ演奏は18時~》 
【本祭】  令和2年11月22日(日) 10時頃より 催し物開始
 の予定でしたが、残念なことに新型コロナの影響で「もみじまつり」は中止となりました!!

2020.11.15 掲載

♪ 秋の味覚 柿 ♪

秋の味覚 柿

秋の味覚 柿

秋の味覚 柿

秋の味覚 柿

 毎年、この時期になるとお姉さんから柿が届く。秋と言えば「食欲の秋」と言われ美味しい食べ物がここぞとばかりに出てくる。当地域は山に面しているので、栗や柿は豊富にある。
 お姉さんのところには大きな柿の木(樹齢70年と言ってました)がある。毎年、鈴なりにできるので、家族だけでは食べきれずお裾分けが届くのである。
 旦那が柿の木から毎年もいでいるそうであるが、段々と成長した柿の木は上の方には届かなくなり、いまだに鈴なりだ。
 よく、柿は全て収穫してしまうと翌年は実らないという話を聞くがここでは大丈夫そうだ。しかし、残った柿は毎年、ムクドリの大群が来て全て食べつくすそうである。 それでも翌年はまた豊作になるようなので、この話は都市伝説のようなものであろうか?
 私は子供の頃は柿が好きではなかった。どうも、この甘さが苦手だったのだ。しかし、ある程度の年齢を経てくると柿の甘さが好きになってくる。体質の変化やホルモンの分泌状態などで変わるものなのかな?
 そう言えば子供の頃に苦手だった食べ物は数多いが(食べず嫌いということも・・・)、歳を重ねる毎にそれらを口にすることができるようになる。人間とは不思議なものだ!
 そう考えると、子供の好き嫌いをとやかく言うより、「いずれ食べられるようになる」と長い目で見守ることが重要だと思う!!
 話は変わるが、柿の蔕(かきのへた)は漢方薬で咳止めと聞いたことがあるが、しゃっくり止めにもなるようだ!
※しゃっくりについては、私の地方?では、みそ汁の椀に水を入れ、箸を十字に当てて、それぞれの場所(4ヶ所)から、少しずつ水を飲むと不思議と治ってしまう。この方法が簡単です。なお、人によって差があると思いますので、必ず治るかどうかは不明です。

2020.11.15 掲載

♪ カーペンターズのナウ・アンド・ゼンの不思議2! ♪

カーペンターズ ナウ・アンド・ゼン 米国盤

ナウ・アンド・ゼン
米国盤

 先日(11/10)、「カーペンターズのナウ・アンド・ゼンの不思議」と題して、国内盤の話を書いた。私は米国盤は所有していないので、どうしても米国盤の音が聴きたくて、今回もまたオークションで米国盤を落札した。少々高額であったが、音を聴きたいという欲求が勝っていたようである。
 早速に聴いてみて、疑問は解決した。
 結論から言うと「タイトルが縦2段」の音と似ている。流石に米国盤は音もクリアーだ!
 そうなると、国内盤の初回盤の音はどう解釈すればいいのだろう?
 米国盤を調べたところ、当時のプレス工場は4ヶ所またはそれ以上あったようだ? ※正確なことはわかりません!!
 それは、スタンパーの刻印でわかるようで、以下の4ヶ所は判明した。
★プレス工場
①SP3555-Mx:Monarch Record Mfg. Co
②SP3555-Px:Columbia Records Pressing Plant, Pitman
③SP3555-Tx:Columbia Records Pressing Plant, Terre Haute
④SP3555-Sx:Columbia Records Pressing Plant, Santa Maria
 当時のことは分からないが、カッティングは全て同じものを使って、それぞれの工場でプレスするのか、カッティングそのものも別なのかもわからない。
 前者であれば音は大体同じと思われるし、後者であれば多少の音の違いはあっても不思議では無い。
 日本の初回盤の音に相当するものがあるのか? 謎は深まるばかりだ!!
 これはあくまでも私の感じたことですが、国内の初回盤を聴いたアメリカの関係者がカレンの声が「沈んでいる?」・「おとなしい?」と聴こえ、キングレコードにカレンの歌が「もっと明るく聴こえるように作って欲しい!!」と依頼したのではないだろうか?

カーペンターズはこちら

2020.11.15 掲載

♪ Face Art ? ♪

Face Art ?

Face Art ?

 面白い物を見つけた!小さな石に色々な表情の顔が描かれている。当然、石は自然界の物なので同じ形をしたものは無い。そこにサインペンで様々な顔が描かれている。何とも微笑ましいものである。
 そういえば、顔や頭を題材にした遺跡や芸術は多い。良く知られているイースター島のモアイ像も様々な顔が作られている。当店の側にも石に絵を描く画家がいるそうである。
 この作品が芸術かどうかは分からないが、アイデアは面白い。ちなみにグーグルで「石ころアート」と検索したら山のように画像が出てきました。素朴なものから凝ったものまで、世の中、色々な人がいるなぁ~!!

2020.11.14 掲載

♪ カーペンターズのナウ・アンド・ゼンの不思議! ♪

カーペンターズ ナウ・アンド・ゼン タイトルが横一列

ナウ・アンド・ゼン
タイトルが横一列

カーペンターズ ナウ・アンド・ゼン タイトルが縦2段

ナウ・アンド・ゼン
タイトルが縦2段

カーペンターズ ナウ・アンド・ゼン 白地に大きくA&M

ナウ・アンド・ゼン
白地に大きくA&M

 カーペンターズのナウ・アンド・ゼンは素晴らしい!特にB面のオールドヒットソングのメドレーはたまらない出来映えである。私はタイトルが縦2段のものを聴いていたが、先日、お客さんが「横一列」のレコードを持ってきた。レーベルはどちらも鶯色で左にA&Mのロゴのある初期盤である。
 ところが、聴いてみると微妙に違うのだ。「横一列」の盤はカレンの歌がおとなしい。高音域をややおさえているようだ。「縦2段」はやや高音が強く定位も少し上にある。なんと、ラン・オフの幅も微妙に違っている。
 なぜ、このようなことになっているのか?
 マトリックスを見ると、前者はA面(SALBT-687 C-9)、B面(SALBT-688 B-4)となっている。後者はA面(SALBT-687 F-4)、B面(SALBT-688 E-2)である。また、マトリックスの前に丸い印があるが、それも数や並びが異なっている。一体、これは何なのか?
 マトリックからすると前者が先にプレスされたものと思うが、後者のF-4は前者とは異なるカッティングであると思う。そうでなければ、この説明は成立しないはずである。
 ちなみに、レーベルが白地に大きくA&Mと書かれたGP-220は、A面(SALBT-687 F-9)、B面(SALBT-688 D-20)となっている。B面は後者のものより、前のものである。音的には縦2段と同じような音である。

カーペンターズはこちら

2020.11.10 掲載

♪ 遅ればせながら当店は10月1日より10年目を迎えました ♪

 今年は新型コロナウィルスによる非常事態宣言やら不真面目な政治によって、全てが混迷するする中、未だに落ち着かない状況である。
 そんなこんなで恐縮ですが、去る10月1日より当店は10年目に入りました。この間、いろいろありましたが、店主はいたって「元気です」!!

2020.11.10 掲載

♪ フランク・シナトラのマイ・ウェイ ♪

UK Original MONO Frank Sinatra My Way

UK Original MONO
Frank Sinatra
My Way

国内盤 再発 フランク・シナトラ マイ・ウェイ

国内盤 再発
フランク・シナトラ
マイ・ウェイ

 マイ・ウェイという曲はポピュラーミュージック史に於いて忘れることのできない作品である。作詞はポール・アンカ、作曲はクロード・フランソワである。原曲は1967年のクロード・フランソワのフランス語の歌である。
 ポール・アンカがフランスでの休暇中に聴き、曲の使用権を交渉して権利を得たそうである。ポール・アンカは元の曲を少し手直して、フランク・シナトラのために詞を書いたそうである。
 先日、お客さんがフランク・シナトラの「My Way」を2枚持ってきた。米国盤と国内盤の再発である。有名な歌なのでまずは、日本盤を聴いてみた。フランク・シナトラが気持ち良さそうに歌い上げる!これぞ、マイ・ウェイと思った。
 私達が普段聴き慣れたもので、昔、カラオケの定番であったものだ。・・・ところが、次に聴いた米国盤の「マイ・ウェイ」にハッとした。いつもの「マイ・ウェイ」では無い。なんて、叙情的で大人のマイ・ウェイなんだと思った。
 そう、歌い上げていないのだ!常に平静に自らの人生を語りかけているようだ。これが、フランク・シナトラの「マイ・ウェイ」だったのかと思い知らされた!
 後日、別のお客さんと話していたら、カラオケにも2バージョンあると言っていました。歌い上げるバージョンはカバーした歌手によってそうなったらしい!(特に日本では!)
 是非、フランク・シナトラの米国盤「マイ・ウェイ」を聴いてみてください。

 追記:2020/11/15

 UKのMONO盤をオークションで落札しました。聴いてみたいという衝動に駆られるとどうしても欲しくなってしまう、悪い癖です!!
※残念ながら米国盤の出品はありませんでした!!
 モノラルとステレオの違いはありますが、UK/MONO盤を聴いてビックリ!UK盤というと大人ミックスという感じがしていますが、米国盤よりもサビの盛り上がりがあると思います。
 当時の英国リプリーズのカッティングエンジニアの好みだったのでしょうか?
 ちなみに、私は米国盤を所有していません。是非、手に入れたい1枚ですね!

フランク・シナトラはこちら

2020.11.10 掲載

♪ 台滝不動・お参り 厄除と大きな蛾 ♪

不動明王の化身?

不動明王の化身?

厄除けのお札!

厄除けのお札!

 今年も年始の初詣に台滝不動に参拝した。例年と違う雰囲気の中で今年も良い年であるよう願っていたが、蓋を開けてみたら酷い年となってしまった。
 特に東京オリンピックに絡んだ新型コロナウイルスのパンデミックと最低最悪のおぼっちゃま総理・昭恵、この国は狂っていると思い始めた。
 それに伴って、今年の自分も最悪期に入ったようでどうもうまくいかない。正月に頂いたお札では社名が違っていたり、厄年の厄払いにも定年後の忙しさの中で忘れていたようだ。
 ここで、心機一転、再度のお参りに行った次第である。
 お参りを済ませると、何やら後ろでパタパタしているものが・・・写真のような大きめの蛾である。ムムムッ!不動明王の化身か!
 と思いつつ、写真にパチリ!
 帰り掛けには厄除けのお札が目に留まり、思わず手の中に・・・勿論、お布施はお支払い致しました。
 残り半年余り、無事で過ごせますように!

2020.08.16 掲載

♪ 原音再生・・・永遠に答えの無いテーマ ♪

 Hi-Fi(ハイ-ファイ)という言葉はオーディオの歴史に於いて、メーカーが常に目指してきたもので、一般的には「High Fidelity」の略語で「高忠実度、高再現性」という意味である。
 オーディオにおいては「原音に忠実な再現」ということになる。私がオーディオ(レコードやラジオ)を聴き始めた頃は父親の手作りのアンプ、スピーカー、テレビであった。
 当然、真空管の時代である。レコードは蓄音機(幸いにも電蓄)から聴き始めた。まだ、鉄針の時代でレコード盤も子供用のピクチャー盤だった。
その後、ポータブル・プレーヤーに変わり、  針もサファイア針となった。鉄針は数回聴くと針を交換しなければならなかったが、サファイア針では10時間程度聴くことができた。その後、ダイヤモンド針が出て、その耐久性がいっきに100時間とか1000時間へと伸びた。
 既に手元には無いが「レーザーターンテーブル」のヘッドは1万時間ということで、鉄針から比べて、1万倍になったということである。最も針の寿命が延びてもレーザーターンテーブルも機械であるので、 何度もメンテナンスとその度に高価なメンテナンス料が発生する代物である。
 話が反れてしまったが、ハイ-ファイを追求してきたメーカーであるが、ハイ-ファイをいうなら、やはり電気的に音を作らない音源を再現することだと思う。オーケストラやジャズ、オペラのように楽器・肉声(音声)→空気→人の耳・体・心と いうように伝わる音が本来のハイ-ファイであろう。
 基本的にオーディオではハイ-ファイは不可能であると言わざるを得ない。では、これらは一体何か?私は「聴きやすい耳障りの良い音作り」がオーディオメーカーが長い歴史をかけて行ってきたものだと思う。
 人間の耳は結局、感性で決まるもので千差万別である。著名なオーディオ評論家が良い音だと言っても聴く人の好みにもよるのである。高級なオーディオであれば、それなりに「聴きやすい耳障りの良い音作り」が出来ていると思った方が良い。
 各オーディオメーカーによって、アンプはこれとか、スピーカーはこれが良いとか、また、JAZZならJBL、クラシックならタンノイ的なものは、結局は音楽に合った「聴きやすい耳障りの良い音」なのだ。
 また、オーディオの場合、設置場所や建物の構造や設備でも大きく異なって来る。素晴らしいオーディオであれば音に期待はできるが、流石にアパートの部屋で聴くには無理があり、それなりのホールのような場所が必要になる。
 家庭で聴くならコンパクトなオーディオで小音量でも充分に楽しめるように「聴きやすい耳障りの良い音」となっているのだ。
 これらは、ハイ-ファイを追求した製品なのだろうか?それは違うと思う。「聴きやすい耳障りの良い音作り」であるのだ。
 従って、初めて聴いた電蓄の音に魅せられて、その後、様々な音楽に出会って、様々なオーディオを聴いて、その時々に感動してきたのだ。
 現在もオーディオでレコードやCDを聴いて、その時代の持てる技術で作られた音が素晴らしいのである。
 アナログとデジタルの議論はしないが、レコードという記録媒体が無ければ、私たちの生活が全く変わったものになっていたに違いない。
 あと、音源についてであるが、これも微妙な問題である。1940年代~1970年代と1980年代以降では音作りが大きく変わっている。音響機器の発展によってであるが、未だに1950年代のJAZZの音や1960年代のレコードの音が色褪せないのは何故だろう?
 音の本来の良し悪しはオーディオの良し悪しとは大きく異なるものだと思う。Hi-Fi(ハイ-ファイ)という原音再生という魔力に獲りつかれると、どうしても音源の良し悪しについても考えなければならないと思う。
 結局、オーディオを考える時には音源が重要となり、それをいかに「聴きやすい耳障りの良い音」で再生できるのか!ということになるのである。
 現在はベートーベンの生きていた時代とも違うし、ビートルズ全盛の時代でもないからだ!

2020.08.06 掲載

♪ 半村良・妖星伝 ♪

妖星伝(一) 鬼道の巻

妖星伝(一) 鬼道の巻

妖星伝(二) 外道の巻

妖星伝(二) 外道の巻

妖星伝(三) 神道の巻

妖星伝(三) 神道の巻

妖星伝(四) 黄道の巻

妖星伝(四) 黄道の巻

妖星伝(五) 天道の巻

妖星伝(五) 天道の巻

妖星伝(六) 人道の巻

妖星伝(六) 人道の巻

妖星伝(七) 魔道の巻

妖星伝(七) 魔道の巻

 近頃、本を読むことが少なくなってきた。読んでも専門書の類で小説は殆ど読むことは無い。先日、お客さんと話している中で半村良の話が出た。ただ、誰かと勘違いしたようで、そのタイトルの小説は無かった。
 しかし、半村良とは凄い小説家だなと思う。凄い数の小説である。受賞歴も凄い。映画化された作品もある。私は「戦国自衛隊」ってそうなんだ!というレベルである。また、アニメ「エイトマン」・「未来からきた少年 スーパージェッター」の脚本も手掛けている。当時は夢中で見ていたアニメです。その節はお世話になりました。
 良くペンネームの半村良はイーデス・ハンソンさんの名前から付けたものというのが、一般的に知られているが、これは誤解だそうである。小松左京氏が冗談で言ったことを本人が否定しなかったということである。その真意は不明である。
 実は高校生の時に父親が読んでいた「妖星伝」を借りて読んだが、面白くて引き込まれた記憶がある。確か3巻位まで読んで、その後は社会人となり、いつしか忘れていた。勿論、当時読んだ内容も記憶していない。
 それが、何故かお客さんの「半村良だったよね!」の一言で、当時の記憶がフラッシュバックしてきて、もう一度、最初から読み直してみたいと思った。早々にネットを調べてみると、どうやら7巻で完結したらしい。オークションを見たら、これまた都合良く 7巻セット(文庫本)が出ていたので、早々に手に入れた。時間は十分にあるので、ゆっくりと読んでみたいと思う。・・・親父は全て読んだのかな?

2020.06.25 掲載

♪ 懐かしき「マカロニ・ウエスタン」 ♪

決定盤!マカロニ・ウエスタン・テーマのすべて ジャケット 決定盤!マカロニ・ウエスタン・テーマのすべて レーベル

決定盤!マカロニ・ウエスタン テーマのすべて

決定盤!マカロニ・ウエスタン・テーマのすべて

レコードの映画一覧

荒野の用心棒

荒野の用心棒

さすらいの一匹狼

さすらいの一匹狼

荒野の1ドル銀貨

荒野の1ドル銀貨

続・荒野の用心棒

続・荒野の用心棒

続・さすらいの一匹狼

続・さすらいの一匹狼

南から来た用心棒

南から来た用心棒

夕陽のガンマン

夕陽のガンマン

帰って来たガンマン

帰って来たガンマン

ガン・クレイジー

ガン・クレイジー

真昼の用心棒

真昼の用心棒

皆殺し無頼

皆殺し無頼

続・荒野の1ドル銀貨

続・荒野の1ドル銀貨

 マカロニ・ウエスタンとは1960代に大ヒットしたイタリアで作られた西部劇である。当時のアメリカはジョン・フォード監督の西部劇が一世を風靡していた。そこに、殴り込みをかけたのがイタリア製西部劇「マカロニ・ウエスタン」であった。なお、「マカロニ・ウエスタン」は和製英語で当時は嘘のような話であるが「スパゲッティ・ウェスタン」と呼ばれていたらしい。
 「マカロニ・ウエスタン」の名付け親は映画評論家の淀川長治氏であるようだ!
 マカロニ・ウエスタンの記念すべき第1作目はクリント・イースト・ウッド主演の「荒野の用心棒」で、監督はセルジオ・レオーネ、音楽はエンニオ・モリコーネである。この映画は黒澤明監督の「用心棒」を模倣したものである。しかし、俳優のクリント・イースト・ウッドやジャン・マリア・ヴォロンテ等若手俳優の起用とエンニオ・モリコーネによる、見事なサウンドが「マカロニ・ウエスタン」を最高の娯楽作品へと押し上げた。
 さらに、フランコ・ネロやジュリアーノ・ジェンマ等のガンマンが続々と誕生していった。しかし、クリント・イースト・ウッドのガン捌きは「格好いい!」としか言いようがない!
 実はマカロニ・ウエスタンのレコードでは「決定盤!マカロニ・ウエスタン・テーマのすべて」が最も好きな1枚である。聴き慣れたということもあるかもしれないが、確か映画館で見た最初のマカロニ・ウエスタンがジュリアーノ・ジェンマの「続・荒野の1ドル銀貨」だったと記憶している。それ以外はTVの日曜洋画劇場等で見たと思う。
 そのようなことから、このレコードがお気に入りの1枚となったのである。
 近頃、実際の映像が懐かしくなり、このレコードに収められたマカロニ・ウエスタンのDVDを買い集めてみた!

マカロニ・ウエスタンのDVDはこちら

2020.06.25 掲載

♪ 明日は1都3県の緊急事態宣言の解除日! ♪

春開花・道端に咲く花

春開花・道端に咲く花

春開花・道端に咲く花

春開花・道端に咲く花

春開花・道端に咲く花

春開花・道端に咲く花

春開花・道端に咲く花

春開花・道端に咲く花

春開花・五月満開

春開花・五月満開

春開花・近所の花壇

春開花・近所の花壇

春開花・近所の花壇

春開花・近所の花壇

春開花・近所の花壇

春開花・近所の花壇

春開花・近所の庭に咲く

春開花・近所の庭に咲く

 明日、5月25日に東京都を含む1都3県も緊急事態宣言が解除されるようだ。勿論、新型コロナウィルスが終息したわけでは無いので、解除されたと言って、以前のように振舞うと再び感染の拡大に繋がってしまう。
 いつまで、新型コロナウィルスに脅えながら生活しなければならないのだろう?
 5月もあと僅かだが、少し前に近所で咲いていた花々の写真を撮ったので掲載したいと思う。道端に咲いていた花から手入れされた庭に咲いていたものもある。※無断で撮影して済みません。
 私は草花には無頓着なのでその花の名前等は知らないものばかりです・・・
 撮影日:2020-05-11

2020.05.24 掲載

♪ あきれて開いた口が塞がらない! ♪

 あきれて開いた口が塞がらない!とはこのことだ!
4月7日の会見で記者の質問に対して、「自民党でも一律給付の議論がありました。私たちも検討した。たとえば、たとえばですね、私たち国会議員や国家公務員は、いま、この状況でも全然影響を受けていない。収入に影響を受けていないわけであります。そこに果たして、5万円とか10万円の給付をすることはどうなんだという点を考えなければならない」
 どこまで、図々しいのでしょうか?この総理!
一律で「全世帯への現金一律給付」について述べた回答です。当然、議員と名の付く先生方(国会議員・県議会議員・市議会議員・村議会議員)等に支給する必要など全くない。むしろ、半額返納するべき。公務員と名の付く人たちも対象外です。
 これ以外の企業で働く人への一律給付です。何をボケたことを言っているのでしょうか?
 現在、多くの企業が業務の停止を余儀なくされ、仕事を失う人も数多く出ています。世界的な大惨事です。
 ここで、生活に困窮する人を救わなくて何が政治なのか?今後は議員削減(三分の1いれば充分です)、国会議員のリコールや待遇について、国民投票で決める仕組みを考えていくべきです。残念ながら、この政権によって日本のモラルは完全に崩壊したと思います。
 一つお願いがあります。国民一世帯に2枚の洗えるマスク(200円)を配布するそうですが、大きな文字で「内閣総理大臣寄贈」と印刷して欲しいです!!

2020.04.08 掲載

♪ 桜開花・桜満開 ♪

桜開花・桜満開

桜開花・桜満開

桜開花・桜満開

桜開花・桜満開

春の日和田山

春の日和田山

 相変わらず、新型コロナウィルスの猛威が襲い掛かっている。東京2020オリンピックに翻弄された総理と都知事。後手後手の対策で国民を危機に陥れている。今週は不要不急の外出の自粛を求めて東京方面へ出かけることも躊躇される。
 昨日は総理の奥方の昭恵夫人の軽率な行動が国民の反感をかっている。総理の国会での答弁も最低だ。この国は本当に大丈夫か?
 オーバーシュートにロック・ダウン!! 都知事にもいささかうんざりだ!希望の無い「希望」という政党?どこ行ったの?自民復帰の準備はお済みかな?などと思ってしまう。安倍のお坊ちゃまも、まんざらでも無さそうだ!!
 つまらない事を書いたが、気が付くと当地も桜が満開になっている。のんびり、一杯やりながら花見という分けにはいかないが・・・明日は関東でも大雪になるらしい・・・!!

2020.03.28 掲載

♪ フランシス・レイ 「エモーション」再び ♪

ホンダ・アコードの付録盤(スリーブ)

ホンダ・アコード
付録盤(スリーブ)

ホンダ・アコードの付録盤(レーベル)

ホンダ・アコード
付録盤(レーベル)

正規盤(スリーブ) 「アコード」CFオンエアー中と書かれている

正規盤(スリーブ)
~CFオンエアー中・・・

正規盤(白レーベル) 非売品・見本盤

正規盤(白レーベル)
非売品・見本盤

 コロナ・ウイルスが猛威を振るう中、ほとほと「お友達政治・おぼっちゃま政治」に嫌気がさしてきた。申し訳無いが、この総理はどこかの狂った国の元首以下である。勿論、誰かが言っていたが「魚(鯛)は頭から腐る!」というのが実感できる。
 そう言った意味では、内閣どころか自民党議員も官僚も腐りきっている。この政治って、かの何とか真理教とまったく同じ構図で、直接指示していないとか、記憶にないとか、取り巻きだけ(腐った自民党議員と忖度閣僚・官僚)で甘い汁(国民の血税)を吸っている吸血鬼と言ってもいいかもしれない。
 令和になってから、全く良いことが無いのは残念だ!もともとオリンピックには興味は無いが、あの「おもてなし」って言ってたことの意味がいまさら理解できた。「おもてなし」って、お客様(外国人観光客やオリンピック観覧者)に良くして、家人(日本国民)は二の次ってことなんだ!
ま、政治もオリンピックも最悪な状態ですね!
 とりあえず、自己防衛と元気を出して、この「♪ フランシス・レイ 「エモーション」再び ♪」を書くこととしよう!!
 昨年の5月25日に「レコード四方山話」で、長年探し求めていた曲がフランシス・レイ・オーケストラの「エモーション」であることが判明し、長年に渡り胸の奥につかえていた物があっさりと取れた次第である。
 勿論、ホンダのアコードを買うと付いてきた非売品のレコードであるが、現在2枚所有している。先日、オークションで何気なく「フランシス・レイ」の「エモーション」を検索していたところ、正規盤のEP盤、しかも非売品・見本盤が出品されていた。
 誰かの台詞ではないが、一度見てしまうと「どんな音がするのかな?」・「アコードの付録の盤の別バージョンかな?」などと細かな事にこだわる悪い癖が出てしまい、思わず落札してしまった。
 聴いてみたがアコードの付録盤との大きな音の差は無かったが、高音部が少し押さえてあるような気がした。あくまで「気がした」というだけです!
 しかし、何度も書いてきたが、この曲は「良い曲だな~!」と思う。・・・いつも来てくれるお客さんから「これ!カラオケにある?」と聞かれたので、「あっても、曲を聴くだけだと思いますよ!」と返事をしておきました。
 カラオケで歌いたくなるくらい良い曲?ということでしょうか?

フランシス・レイのEP盤はこちら

レコード四方山話の掲載はこちら

2020.03.01 掲載

♪ ジョーン・バエズ (Joan Baez) ♪

Here's To You-勝利への讃歌 1972年 EP盤 RCA

Here's To You-勝利への讃歌
1972年 EP盤 RCA

Golden Album (ゴールデン・アルバム) 1966年 LP盤 キング・レコード (Vanguard Stereolab)

ゴールデン・アルバム
1966年 LP盤 キング・レコード

 小学生の頃に良く耳にした曲があった。最近、ふと脳裏に浮かんで消えた。昔の記憶から最初のフレーズに確か「二コラアンドバート」があったと思い、ネットで検索してみた。
 何とジョーン・バエズの「Here's To You-勝利への讃歌」だった。この歌は「アメリカで最も有名な冤罪事件から生まれたジョーン・バエズの勝利の讃歌(Here's To You)」である。
 事件の内容はかなり重く・深い物のようだ。イタリア映画のサウンドトラック盤でエンニオ・モリコーネ楽団とジョーン・バエズの唄う「Here's To You-勝利への讃歌」が発売されている。
 ジョーン・バエズと言えば小学6年の時に学習塾の先生から「We Shall Overcome-勝利を我等に」を教えてもらった記憶がある。当時はその程度で、ジョーン・バエズとボブ・ディランとの関係も知らなかったのである。
 その後、私がこの手の歌を聴いていたのは姉の影響でP.P.M(ピーター・ポール&マリー)だった。
 ヤフー・オークションで検索したらEP盤の「Here's To You-勝利への讃歌」のサウンドトラック盤と「We Shall Overcome-勝利を我等に」の入っているLP盤が見つかり運よく早々に落札することができた。
 LP盤の方は1966年発売で、盤質も良く素朴なアコースティックギターの音に聞き入ってしまった。(B面はライブ録音)・・・・・1966年は別の意味(ビートルズの来日公演-6/30~7/2)で重要な年であった。

ジョーン・バエズはこちら

ピーター・ポール&マリーはこちら

ビートルズ日本公演(海賊盤にもあります)はこちら

2020.02.01 掲載

♪ 令和2年1月1日元旦 台瀧不動初詣 ♪

令和2年1月1日元旦 台瀧不動初詣

令和2年1月1日元旦
台瀧不動初詣
福禄寿・・・?

令和2年1月1日元旦 台瀧不動初詣

令和2年1月1日元旦
台瀧不動初詣
大黒天・・・?

 元旦の初詣はこの地に来た時から台瀧不動に決めている。近頃は新年を迎えてから直ぐに行くことは少なくなって、夜が明けて太陽がかなり昇ってからの初詣にしている。
 明けてから直ぐに行くとまだお店が開いて無い事も理由の一つだ!
 令和2年の今年も例年にならいそのようになった。
 行ってみると、やや人出は少ない。地元の人は既に初詣を終えているようだ。ただ、今年は少し雰囲気が違っていた。
 何と獅子舞が踊り、七福神の「福禄寿・・・と思われる」が軽快に踊り・「大黒天・・・と思われる」が打ち出の小槌からお菓子を撒いている。凄い演出!?
 ここに来てから27年となるが初詣にこのような光景を見たのは初めてである。今年は何だか縁起が良さそうである。
 残念ながら大日如来像は台風の時の大雨で参道が崩れてしまい通行止めとなっていた。4月の春季大祭に是非訪れようと思う。

2020.01.01(元旦) 掲載

♪ オリンピック・イヤー!! ♪

ビートルズ・レコード・五輪

 ちょっと、気が早いですが!!

2019.11.24 掲載

【2019年の四方山話】

♪ アーティストやレコード(レーベル)のサイト ♪

※失礼しました。リンク切れを修正しました!!

 インターネット上には様々なホームページが存在する。それらの中には、 アーティストの事や作品の紹介、レコード会社の販売サイトなども多い。寝ながらにして、世界の情報が手に入り、欲しい商品を買うことができる。素晴らしい時代になったものだ。
 ここでは、数あるサイトの中からアーティストやレコードなどについて、深く掘り下げて解説しているサイトを紹介したいと思う。長い間、お世話になっているサイトも多いが、いつの間にか無くなってしまったサイトもある。
 素晴らしいサイトが多いので、これからも末永く維持して欲しいと願っている。これからも、気になるサイト、是非、見たり参考にして欲しいサイトがあったら、この場にリンクを貼らせていただきます。
 なお、サイトによってはモバイル対応の無いサイトもあります。ご了承願います。

アメリカのマイナーレーベル、アーティストについて書かれたサイト。タコマ・レコード(TAKOMA)についても、所属アーティストの作品が年表で表わされていて、非常に参考になりました。

アメリカ・日本のレコード会社のアーティスト、レーベルについて年表で書かれたサイトです。凄い情報量が圧巻です。コロンビア(COLUMBIA)は大変役に立ちました。
 なお、コロンビア以外にも多くのレーベルがレコード会社毎にまとめられています。必見です。

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のⅠ~Ⅳについて、レコードレーベルや特徴について詳細に書かれた(比較検証された)サイト。非常に勉強になりました。

バッド・フィンガーについて、詳しく書かれているサイト。特に「No Matter What」・「Day After Day」の世界で発売されたシングル盤のレーベルについては圧巻。非常に役に立ちました。

このサイトも多くのレコード会社のレーベルが紹介されています。素晴らしいです。モータウン(MOTOWN)のレーベルについて参考にさせて頂きました。

やたらとカウンターフィット(模造品)が多い、ビージェイ(Vee-Jay)レコードのアメリカでのデビュー盤、Introducing... the Beatlesについて、細かく説明されているサイト!偽物の見分け方についても詳しく書かれています!

ザ・ビートルズおよびFAB4のレコード(レーベル)やビデオ、本などを紹介したサイト。ビートルズについては、世界中で沢山のホームページがあるので、役立つサイトはここに掲載させて頂きます。

2019.12.25 掲載

♪ 入間 Jazz Club / レコード鑑賞会! ♪

入間 Jazz Club / レコード鑑賞会

入間 Jazz Club / レコード鑑賞会
パンフレット

会場全景

Westen Electric 594A (L)

Westen Electric 594A (R)

EMT-927ST

Telefunken M-15

Western Electric 91B

 久しぶりに入間ジャズクラブの「レコード鑑賞会」に行って来た。近頃は客層が以前と変わり、ライブ情報やイベント情報が少なくなっている。幸いにもお客に入間ジャズクラブの実行委員がいることから、辛うじてライブ情報は入ってくる。
 いつもはライブに誘われても、決断するまでに時間を要していたが、今回の「レコード鑑賞会」は二つ返事で行くことにした。いつもは、ジャズのレコードを聴く会であるが、今回はオープンリールの音源があるとのことで、是非聴きたいと思ったのだ。
 今日の話ではマスターテープからのコピーと言っていたが、これは眉唾もので流石にそれは無いだろう。当時はレコードをそのまま輸入して、日本語ライナーノーツや帯を付けたものが主流であり、国内でプレスする場合も、マスターテープからコピーされたものがレコード会社に配布されていたと思う。
 仮にそのテープからのコピーであっても、レコードになる元であるから、音の良さは想像できる。さすがに、出所は明かされなかったが、これはお宝の部類だろう。
 通常、レコードにするためには、RIAAやFFRRなどの特性でミックスダウン(LとR)をするので、その段階で音に変化がでる。さらに、カッティング、スタンパーの作成工程でも音の変化はある。
 しかし、テープの場合はテープを複写すれば良いだけなので、途中の音の変化に伴う作業工程は無い。テープの品質が十分に保証されていれば、マスターにより近い音ということになる。
 以前、東洋化成に見学に行ったとき、たまたま「テレサ・テン」のマスターテープがあり、その音を聴かせて貰えたが、透き通るような透明感の音に驚いた記憶がある。
 今回はJAZZの名盤のテープである。マニアなら垂涎物であろう。使用オーディオはオープンデッキが「Telefunken M-15」、ターンテーブルが「EMT-927ST」、アンプは「Western Electric 91B」、そして、スピーカーが「Westen Electric 594A」であった。おまけにCDプレーヤーが「Philips LHH900R」という構成である。
 残念だったのは部屋が小さいということで、このシステムを生かし切れていないと思った。小ホールのようなところで、聴いたら数倍の感動を得られたと思うが・・・
 さて、音の方だが、やはり良い音だ。レコードに比べて数ランク上のように思う。テレサ・テンの音を透き通るような透明感のある音と表現したが、今回は実在感のあるみずみずしい音であろう。耳障りな音は完全にシャットアウトされていて、力強さがあるにも関わらず耳に優しい音であった。さすがに、これには感動した。

「入間ジャズクラブ」 はこちら

Jazz・Fusion (ジャズ・フュージョン) はこちら

2019.12.01 掲載

♪ タイム・アウト / テーク・ファイブ! ♪

デイヴ・ブルーベック・クヮルテット タイム・アウト / テーク・ファイブ

1962年 日本コロンビア
タイム・アウト

デイヴ・ブルーベック・クヮルテット タイム・アウト / テーク・ファイブ

Side-A
テイク・ファイブ

デイヴ・ブルーベック・クヮルテット タイム・アウト / テーク・ファイブ

1965年 日本コロンビア
タイム・アウト

デイヴ・ブルーベック・クヮルテット タイム・アウト / テーク・ファイブ

Side-A
テイク・ファイブ

デイヴ・ブルーベック・クヮルテット タイム・アウト / テーク・ファイブ

1973年 CBS/SONY GOLD DISC
TAKE FIVE

デイヴ・ブルーベック・クヮルテット タイム・アウト / テーク・ファイブ

Side-A
テイク・ファイブ

 タイム・アウト / テーク・ファイブについては2013年に米国CBSのモノラルとステレオおよび国内盤のモノラルとステレオの感想を書いた。私は米国CBSのオリジナルのモノラル盤が一番良い音だと確信している。最も違和感のある音は国内盤のモノラルであった。(※あくまでも、私の個人的な見解です)
 最近タイム・アウトのシングル盤を手にいれた。33回転なので、シングル盤というよりもコンパクト盤と言えるだろう。どちらも、日本コロンビアからの発売で1962年発売のものと1965年発売のものである。
 1962年に発売された方は、一般的なシングル盤のようにスリーブと内袋である。1965年に発売されたものは、通常のコンパクト盤と同じようにジャケットに入ったものである。
 何故、EP盤にしなかったのかは不明(技術的な問題があったのか?)だが、いずれも当時の価格は500円である。おそらく、EP盤の通常価格の2倍弱であろう。
 さて、音の方だが1962年の盤は音が細くやや高音部が強い。聴いた感じもやさしい音作りとなっている。ドラムの音はやや小さめだ!
 1965年盤になると一気にワイド感(ステレオ感)が広がる。各楽器の音が太く響いている。やはり、3年間でカッティング技術が大きく進歩したのかも知れない。
 もう一枚は、CBS/SONYが1973年に「GOLD DISC シリーズ」として発売したコンパクト盤である。ここではさらにワイド感の増した音作りがされていて、ドラムの余韻を楽しむことができる。
 どの音が良いとか悪いと言うことではなく、最終的には「好みの音」ということになるだろうが?!

四方山話「ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット」 はこちら

四方山話「ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット 再び」 はこちら

The Dave Brubeck Quartet (ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット) はこちら

2019.11.16 掲載

♪ 卒業 / ベスト・オブ・サイモンとガーファンクル! ♪

卒業ベスト・オブ・サイモンとガーファンクル

日本コロンビア盤
卒業 THE GRADUATE

卒業ベスト・オブ・サイモンとガーファンクル

ベスト・オブ
サイモンとガーファンクル

 サイモンとガーファンクルのLPの中でも不思議な1枚がこの日本コロンビアから発売されている、「※卒業/ベスト・オブ・サイモンとガーファンクル」だろう。シングル盤の「ミセス・ロビンソン」・「サウンド・オブ・サイレンス」についても、この四方山話で書いているが、LPも変わっている。
 おそらく、世界的にみても「THE ORIGINAL SOUND TRACK RECORDING / THE GRADUATE」と書いてあるのに、実際はベスト盤となっているのはこの盤だけである。※裏面にA/1~3ユナイト映画「卒業」オリジナル・サウンド・トラックよりと説明されている。
 米国盤を始め全ての国が映画「卒業」のサウンド・トラックで、後にCBS/SONYから発売された盤もサウンド・トラックに変更されている。
 A面は映画「卒業」から「サウンド・オブ・サイレンス」・「ミセス・ロビンソン」・「スカーバラー・フェア/詠唱」で、4曲目から「早く家へ帰りたい」・「アイ・アム・ア・ロック」・「59番街橋の歌」となっている。B面はLP「ブックエンド」から「ブックエンズのテーマ」・「アメリカ」・「フェイキン・イット」・「冬の散歩道」・「夢の動物園」・「夢の中の世界」である。
 おそらく、普段CBS/SONY盤で聴かれている方は音に違和感を持つかも知れない。音は良いのだが、どこかおとなしいのである。

サイモンとガーファンクル はこちら

2019.11.16 掲載

♪ アナログ女子はいずこへ ♪

アナログレコードはじめてBOOK

アナログレコードはじめてBOOK

 約5~6年程前になるが、アナログレコードがややブーム化し、レコードストアーデイや渋谷HMVのオープンなどブームの火付け役のようなイベントがあったことは記憶に新しい。そんな中で、「アナログレコードはじめてBOOK」という本がステレオサウンドから発行された。
 アナログレコードに初めて触れる人を対象にしたものだろう。色々な角度からアナログレコードについて語られている。
 そのような中で多くのページに女性が登場している。さらには「アナログ女子」になります!とまで言い切っているものもある。
 ここで、現在、アナログレコードを聴いている女子は本当にいるのか?不思議でならない。ネットでも「アナログ女子」と検索してもせいぜい3年位前に投稿されたもので、現在では「死語」の分類になりそうである。
 まあ、「アナログ女子」の捉え方も様々なようで、メールでなくて「手紙」を書くとか。デジカメやスマホではないフィルムのカメラを使うとか様々だ。
 しかし、この「アナログレコードはじめてBOOK」に出てくる女性は明らかにレコードが前提だ。そして、レコードの感想やらアナログレコードの良さをここぞとばかりに文章にしている。
 今、考えると恐ろしい企画だ。女性のファッション雑誌さながらに女の子を使い、オーディオの宣伝をしているに過ぎないのではないか?
 「アナログ女子」は本当に存在しているのか?
 ステレオサウンドさんにこのテーマで再度、特集を組んでもらいたいと思うのは私、だけだろうか?

2019.11.04 掲載

♪ 日高市のマンホールの蓋! ♪

日高市のマンホールの蓋

日高市のマンホールの蓋

 高麗駅とアナログ&オークションの間に小さなロータリーがある。その脇に駅から武蔵台団地に向かう通路のような道がある。その中ほどに近頃、下水道工事があった。
 終わってから見てみると、きれいなマンホールの蓋があった。巾着田と曼珠沙華がデザインされている。
 そういえば、マンホールの蓋も人気の高いアイテムだそうで、有名どころのマンホールの蓋は高額で取引されると聞いたことがある。
 私の場合は同じ円形でも黒い円盤の方が好きだ。さすがに「おすい」と書いてあるものをコレクションにするには、いささか抵抗がある。
 しかし、汚水のマンホールが綺麗になるのは結構だが、一体、お金はどこから出ているのか?デザイン料や製作費を考えたら、通常のマンホールの蓋で良いのではないか?
 税金はマンホールの蓋を綺麗にするよりも、もっと有効に使って欲しいものだ!!
むしろ、雨の日に滑らないようなマンホールの蓋を望むところである。

2019.10.25 掲載

♪ サイモンとガーファンクル ♪
サウンド・オブ・サイレンスの驚異!

卒業サウンド・トラック(サイモン&ガーファンクル) サウンド・オブ・サイレンス

卒業サウンド・トラック
(サイモン&ガーファンクル)

卒業サウンド・トラック(サイモン&ガーファンクル) サウンド・オブ・サイレンス

Side-B
サウンド・オブ・サイレンス

 ネットでたまたま見ていたサイトで見つけたものは、何とサイモンとガーファンクルのEP盤「サウンド・オブ・サイレンス」だ。私は2枚所有しているが、何故か見た感じが違うのだ。
 違いは右下にフィルムをデザインしたものが無いのだ!こんなスリーブもあったのか!
私はすかさず、手に入れることに成功した。最もこのEP盤を買いたいと考える人は日本中を探しても何人もいないと思うが・・・
 なお、レコードはCBS/ソニー盤、Vinyl, 7", 45 RPM, Single, Solid Centerで中央の黒く塗られた中に大きくオレンジ色で45と書かれているタイプ。マザーNoとマトリックスNoはA面がSONG-80002A/1-A-3、B面がSONG-80002B/1-A-4となっている。他の2枚に比べるとマザーにサフィックスが無く、マトリックスも1-A-3と4なので、おそらく最初期のものだと思う。
 これが、日本で最初にプレスされたサウンド・オブ・サイレンスだと思う。
 なお、所有している2枚のEP盤はこの「レコード四方山話」の2016年「Simon & Garfunkel (サイモン&ガーファンクル) コロンビア vs ソニー の不思議!」で紹介している。
 ※注)この2016年については、今年見つけた2枚目のEP盤の購入の際に追記したものです。

EP盤サイモンとガーファンクル はこちら

2019.10.21 掲載

♪ アナログ・サウンド・ラボ ♪
10月1日で9年目に入りました!

 アナログ・サウンド・ラボが10月1日で9年目に入りました。その間、お客さんからはいろいろと教えてもらい、改めてレコードの奥深さを知りました。また、普段レコードを聴かなかった人が、レコードプレーヤーを購入したという事もありました。
 デジタルな音源は手軽に聴けて、保存も容易だ。しかし、そのようなお客さんもレコードを聴くとレコードの音の素晴らしさを分かってくれます。
 何度も書いているが、私はお客さんにデジタルとアナログの違いは「感動するか。しないかの違いですよ!」と言っている。レコードは本当に感動できる音源であるし、素晴らしい媒体だと思う。
 これからも、アナログサウンドの素晴らしさを、沢山の人に感じて貰いたいと思う。

2019.10.21 掲載

♪ 私の好きなB面曲 ♪

1910フルーツガムカンパニー Side-B:鏡の反射

1910フルーツガムカンパニー

1910フルーツガムカンパニー Side-B:鏡の反射

Side-B:鏡の反射

1910フルーツガムカンパニー Side-B:永遠の灯

1910フルーツガムカンパニー

1910フルーツガムカンパニー Side-B:永遠の灯

Side-B:永遠の灯

フィフス・ディメンション Side-B:マジック・ガーデン

フィフス・ディメンション

フィフス・ディメンション Side-B:マジック・ガーデン

Side-B:マジック・ガーデン

The Monkees (ザ・モンキーズ) Side-A:Valleri (すてきなバレリ) Side-B:TAPIOKA TUNDRA (タピオカ・ツンドラ)

The Monkees
ザ・モンキーズ

The Monkees (ザ・モンキーズ) Side-A:Valleri (すてきなバレリ) Side-B:TAPIOKA TUNDRA (タピオカ・ツンドラ)

Side-B:TAPIOKA TUNDRA
タピオカ・ツンドラ

ジェファーソン・エアプレイン Side-B:おかしな車

ジェファーソン・エアプレイン

ジェファーソン・エアプレイン Side-B:おかしな車

Side-B:おかしな車

 まずは、この2枚から。1910フルーツガムカンパニーのヒット曲「サイモン・セッズ」のB面だ。「鏡の反射」少しオリエンタル調の曲でサビの部分が良い。次は「トレイン」のB面曲であるが、「永遠の灯」はエレクトーンのような楽器とドラムのみの器楽曲だ。最後の盛り上がりのドラムが良い。しかしながら、いずれもLPには収録されていない!!
 次は「輝く星座」の大ヒット曲のB面曲だ。この「マジック・ガーデン」はフィフス・ディメンションのベストアルバムに収録されている。曲は軽快な曲で傑曲である。しかしながら、「輝く星座」の大ヒットの陰に隠れてしまい、残念である一曲だ!
 モンキーズとなるとB面曲を聴いたことがある人は多いだろう。しかし、「すてきなバレリ」のB面曲「タピオカ・ツンドラ」は変わったタイトルでB面を聴こうという人は少ないだろう。コンパクト盤等にも収録されているが、テンポがやや速く軽快な傑曲である。
 最後になるが5曲目はジェファーソン・エアプレインの大ヒット曲「あなただけを」のB面曲「おかしな車」である。これも軽快な曲で軽いドラミングが印象的だ。「あなただけを」の陰に隠れてしまっているが、LP・ライブ録音等には収録されている。
 このように、忘れ去られたB面曲にも傑作と呼べる作品が多い!!

ロック・ポップス(1) [A-G,0-9] はこちら

ロック・ポップス(2) [H-P] はこちら

ロック・ポップス(3) [Q-Z] はこちら

2019.09.23 掲載

♪ 忘れ去られたB面 ♪
デイブ・ディー・グループ プリーズ

デイブ・ディー・グループ (D.D.B.M&T) UK盤 (MONO盤)

デイブ・ディー・グループ
(D.D.B.M&T) UK盤

デイブ・ディー・グループ (D.D.B.M&T) UK盤 (MONO盤)

Side-B PLEASE (MONO)
(D.D.B.M&T)

デイブ・ディー・グループ (D.D.B.M&T) 国内盤 (STEREO盤)

デイブ・ディー・グループ
(D.D.B.M&T) 国内盤

デイブ・ディー・グループ (D.D.B.M&T) 国内盤 (STEREO盤)

Side-B PLEASE (STEREO)
(D.D.B.M&T)

 デイブ・ディー・グループと言えば「オーケイ!」や「キサナドゥの伝説」が有名だ。国内では前者を「ザ・カーナビーツ」が後者を「ザ・ジャガーズ」がカバーしていたので、日本語版で知っている人は多い。
 この頃は、B面の扱いが酷い時代でもある。取りあえず入れておこうというレベルだ。
 しかしながら、良く聴いてみると、あれ良い歌だなと思うB面曲がある。それが、「キサナドゥの伝説」のB面の「プリーズ」だ。私はお気に入りなので、良く聴くB面曲の1つだ。
 先日、UK盤を手に入れた。Fontanaのオリジナル盤である。UKではMONOでの録音となっている。相当、聴きこんだと思った私が聴いた時、スローテンポで高音部の少ないカッティングだと思った。
 しかし、録音時間を計ったところ、3分16秒であった。日本盤のレーベルを見ると3分15秒であった。何と同じだ。違いはMONOとステレオの違いで、全く別物に聴こえてしまったのだ!
 なお、カッティングされた面を見ると、UK盤は日本盤に比べると広い。溝の間隔が日本盤に比べて広くカッティングされている。

ロック・ポップス(1) [A-G,0-9] はこちら

ロック・ポップス(2) [H-P] はこちら

ロック・ポップス(3) [Q-Z] はこちら

2019.09.21 掲載

♪ The Beatles in USA (アメリカでのビートルズ) ♪

Meet The Beatles (ミートザビートルズ) (USA盤 (Capitol) / T-2047 (Mono))

Meet The Beatles
(ミートザビートルズ)
USA盤 (Capitol)
T-2047 (Mono)

Meet The Beatles (ミートザビートルズ) (USA盤 (Capitol) / T-2047 (Mono))

Meet The Beatles
(ミートザビートルズ)
USA盤 (Capitol)
T-2047 (Mono)

Beatles '65 (ビートルズ '65) (USA盤 (Capitol) / T-2228 (Mono))

Beatles '65
(ビートルズ '65)
USA盤 (Capitol)
T-2228 (Mono)

Beatles '65 (ビートルズ '65) (USA盤 (Capitol) / T-2228 (Mono))

Beatles '65
(ビートルズ '65)
USA盤 (Capitol)
T-2228 (Mono)

 米国でのビートルズのレコードは当初、Vee Jay Recordから「Introducing... the Beatles (Englands No.1 VocalGroup)」というタイトルで発売されていた。この盤はカウンター・フィット(模造品)の多いことで有名である。ファースト・アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」のアメリカにおける発売権はVee-Jay Record が持っていたためである。従って、キャピトルのファーストアルバムは2枚目の「ウィズ・ザ・ビートルズ」を中心とした楽曲で構成された「Meet The Beatles」となった。
 久しぶりに米国盤の「Meet The Beatles」と「Beatles '65」のモノラル盤をモノラル針で聴いてみた。やはり、UK盤とは音作りが違うなと思う。中音域(ミドルレンジ)が大きく異なるのだ。UK盤のモノラルでは押し出してくるような、ドラムとベースギター、そしてギターサウンドが特徴的であるが、米国盤ではギターサウンドが広がりを持って聴こえる。高音域もやや高めだ。さらに、Beatles '65では「She's A Woman」と「I Feel Fine」にディープエコーがかけられている。流石にこれはやりすぎだ!
 驚いたことに、この「Beatles '65」のプロデューサーに「ジョージ・マーティン」の他、米国の「デイブ・デクスター・ジュニア」の名前が記されている!
 →「Produced in England by George Martin and in the U.S.A. with the assistance of Dave Dexter, Jr.」
 当時、米国のキャピトルが絶大な力を持っていたことによるものだと思われますが、ビートルズのプロデューサーはやはり「ジョージ・マーティン」だけで十分だ!

Beatles '65 (ビートルズ '65) USA盤 (Songs List) Beatles '65 (ビートルズ '65) USA盤 説明書き

The Beatles (ザ・ビートルズ) 米国盤(1) はこちら

The Beatles (ザ・ビートルズ) 米国盤(2) はこちら

2019.08.18 掲載

♪ Carly Simon (No Secrets) UK&USA 見本盤 ♪

No Secrets (ノー・シークレット) (UK盤 / Factory Sample)

No Secrets (ノー・シークレット)
(UK盤 / Factory Sample)

No Secrets (ノー・シークレット) (UK盤 / Factory Sample)

No Secrets (ノー・シークレット)
(UK盤 / Factory Sample)

No Secrets (ノー・シークレット) (USA盤 / Radio Station Copy)

No Secrets (ノー・シークレット)
(USA盤 / Radio Station Copy)

No Secrets (ノー・シークレット) (USA盤 / Radio Station Copy)

No Secrets (ノー・シークレット)
(USA盤 / Radio Station Copy)

 私の好きな歌にカーリー・サイモンの「うつろな愛」がある。ベースギターにカッティングのギターが絡んでくるイントロは印象深いものがある。6年ほど前にこの四方山話で国内盤(ワーナー・パイオニア盤とビクター盤)について書いた。
 それから、しばらくして海外サイトで英国盤のファクトリー・サンプルと米国盤のラジオ・ステーション・コピーを手に入れた。当時、本当の音はどれか?という疑問に終止符が打たれた。
 UK盤もUSA盤もどちらも素晴らしい音であったが、聴いてると何処となく違うのだ。これは、長い歴史の中での音作りの違いだと思う。UK盤のミックスはやはりクラシックの国らしく、ベースギターはやや抑えてるようだ。バランスが良く、ミックスが大人だと感じられる。ミックスとはこうするんだと言わんばかりである。
 USA盤は全てにおいて力強い。やはり、ジャズの国である。音が弾んでいる。カーリー・サイモンのお茶目な部分が前面に出ている。こちらもまた、素晴らしいミックスだ。これらの盤に優劣などあり得ない。いずれも、文化を超えた素晴らしい音だ!

カーリー・サイモン はこちら

四方山話 「うつろな愛」 はこちら

2019.07.30 掲載

♪ Reprise Records(リプリーズ・レコード) ♪

Sinatra Swings 国内盤
(JET-4055/Mono/10吋盤)

Sinatra Swings 国内盤
(JET-4055/Mono/10吋盤)

Nancy's Greatest Hits
米国盤(RS-6409)・見本盤

 私はこのReprise Records(リプリーズ・レコード)はフランク・シナトラが娘のナンシー・シナトラのために設立したレコード会社と聞いたことがあったが、実際にはフランク・シナトラとワーナー・ブラザース・レコードの共同出資で設立され、当初はシナトラの作品と彼の音楽仲間であるサミー・デイヴィス・ジュニアやディーン・マーティンらのレコードを発売する為の会社であったということである。
 リプリーズ・レコードのレーベルはマリーゴールドを濃いめにした地の上部に汽船が描かれ、小文字のrがデザインされている。下部はタイトルやアーティスト名、曲目等が記載されている。
 なお、フランク・シナトラのレコードには汽船の部分に本人の顔写真が入っているようである。
 左の上段と中段は1961年に日本ビクターから発売された「Sinatra Swings」10インチ、モノラル盤である。下段はナンシー・シナトラの「Nancy's Greatest Hits」見本盤(ラジオ局用のプロモーションレコードである)。
 最近、ジャニー喜多川氏が亡くなられたが、歌って踊れるマルチタレントに拘っていたことは周知の事実であり、エンターテイメントとして日本に根付かせた功績は非常に大きいと思う。
 おそらく、アメリカで生まれ、戦争中は日本に帰国、戦後にアメリカに帰国している。帰国後、ミュージックメイカーのアシスタントとしてアルバイトを経験をしたり、美空ひばりのアメリカ公演のステージマネージメント全体を担当するなど、音楽に関わる仕事をしている。当然、当時のフランク・シナトラをアメリカのエンターテイナーとして見ていたはずである。
 フランク・シナトラはジャズ・シンガーであり、ダンサーであり、俳優として成功している。いわゆる、歌って踊れるエンターテイナーの元祖である。私が思うには、間近で見ていたジャニー喜多川氏は日本で「フランク・シナトラ」のようなエンターテイナーを育てたかったのではないかと思えてくる。

2019.07.30 掲載

♪ A&Mレコード ♪

SOUTH OF THE BORDER
国内盤・見本盤

SOUTH OF THE BORDER
国内正規盤・No.AML-1

SOUTH OF THE BORDER
国内正規盤・No.AML-1

 A&Mレコードは鶯色のレーベルに白地に赤いロゴでA&Mと入り下にRecordsとトランペットがデザインされたもので、米国盤と同じロゴが使われている。国内ではキングレコードから発売されていた。1970年代に白地のレーベルに茶色でA&Mと大きくデザインされたレーベルに変わった。
 私はこのレーベルというとカーペンターズが思い浮かんでくる。カーペンターズのデビュー盤はオファリング(Offering)で、後に涙の乗車券 (Ticket To Ride)と変えて販売されている。オファリングについてはジャケットの写真に不満があったようだ。急遽発売されることになり普段着でA&Mの中庭で撮影されたスナップ写真が使われたそうである。

 話を戻そう。A&Mはハーブ・アルパートとジェリー・モスが1962年に設立したアメリカのレコード会社でAはアルパート、Mはモスの頭文字である。
 国内ではキングレコードからAMLという番号で発売されていたが、国内盤のA&MレーベルのAML-1のレコードはHerb Alpert and The Tijuana Brassの「SOUTH OF THE BORDER(国境の南)」である。左の上段はAML-1の見本盤のレーベル(ジャケットは無し)で、中下段は正規盤のジャケットとレーベルである。

2019.07.29 掲載

♪ SHURE V-15 TYPEⅢ (カートリッジ) ♪

SHURE V-15 TYPEⅢ①

SHURE V-15 TYPEⅢ②

 SHURE V-15 TYPEⅢをお客さんから借りて、音のチェックをしたことがあった。その際にレコード針を購入したが、殆ど使用せずにお客さんに返却したので、針だけが手元に残っていた。ここにきて、シュアの音をもう一度聴いてみたくなり、SHURE V-15 TYPEⅢ(カートリッジ)を購入してみた。
 改めて聴いてみると、やはり音が良い。JAZZ向きといわれているが、ロックにも充分なレコード針であるようだ。音の切れ、低音の響き、中音域の伸びなど歴史のある針は素晴らしいと思う。

2019.07.22 掲載

♪ C・C・R (Creedence Clearwater Revival) ♪
クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

Green River (グリーン・リバー) 米国盤

Green River (グリーン・リバー)
米国盤

Fantasy (8393) Side-A

Fantasy
(8393) Side-A

Green River (グリーン・リバー) 英国盤

Green River (グリーン・リバー)
英国盤

LIberty (LBS-83273) Side-A

LIberty
(LBS-83273) Side-A

Green River (グリーン・リバー) 仏国盤

Green River (グリーン・リバー)
仏国盤

America (Fantasy) (AM-6047) Side-A

America (Fantasy)
(AM-6047) Side-A

 クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルはカントリーロック(サザンロック)の雄であり、その荒々しい演奏が魅力的だ。好きな曲に「Proud Mary」・「Green River」・「Down On The Corner」・「Up Around the Bend」・「Have You Ever Seen the Rain?」・「Hey Tonight」等数え上げたらきりがない。
 左はGreen River (グリーン・リバー)の米国盤・英国盤・仏国盤のオリジナル盤である。勿論、米国Fantasyの音は荒々しく切れのいい演奏を聴かしてくれる。これぞCCRだ!と言っているようだ。
 それに比べると、英国盤と仏国盤はミックスがおとなしい。決して悪いミックスではない。むしろ聴いていると暖かさを感じるようなミックスだ。英国も仏国も音楽とりわけ音に対しては長い歴史のある国だ。CCRも我々の手に掛かれば「一級品のエンターテイナーに仕立て上げますよ!」と言っているように聴こえる!!

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルはこちら

2019.07.06 掲載

♪ The Electric Light Orchestra ♪
エレクトリック・ライト・オーケストラ

The Electric Light Orchestra (エレクトリック・ライト・オーケストラ)・Eldorado(エルドラド) 英国盤

Eldorado(エルドラド)
英国盤

The Electric Light Orchestra (エレクトリック・ライト・オーケストラ)・A Warner Communications(K-56090) Side-A

A Warner Communications
(K-56090) Side-A

The Electric Light Orchestra (エレクトリック・ライト・オーケストラ)・Eldorado(エルドラド) 米国盤

Eldorado(エルドラド)
米国盤

The Electric Light Orchestra (エレクトリック・ライト・オーケストラ)・United Artists(UA-LA339-G) Side-A

United Artists
(UA-LA339-G) Side-A

The Electric Light Orchestra (エレクトリック・ライト・オーケストラ)・Eldorado(エルドラド) 国内盤

Eldorado(エルドラド)
国内盤

The Electric Light Orchestra (エレクトリック・ライト・オーケストラ)・ワーナー・パイオニア(P-8534W) Side-A

ワーナー・パイオニア
(P-8534W) Side-A

 エルドラドは、1974年に発表されたアルバムである。。初期ELOを代表する作品となっている。当時、イントロにベートーベンの「運命」の最初の部分を使用した「Roll Over Beethoven」が何故か格好良く「On The Third Day」、「Eldorado」、「Face The Music」などを聴いていた。どれも、好きなレコードである。
 このレコードは夢の国「エルドラド」にて巻き起こる出来事を描いたコンセプト・アルバムとなっていて、ジャケットの写真は「オズの魔法使い」のワンシーンであり、ドロシー・ゲイル役のジュディ・ガーランドの足元である。
※1、ジュディ・ガーランドが可愛いです!!
※2、ジャケットの外側の枠であるが、英国盤・米国盤は金色、国内盤は黄色である。

エレクトリック・ライト・オーケストラはこちら

2019.06.22 掲載

♪ Wishbone Ash (ウイッシュボーン・アッシュ) No.2 ♪

Wishbone Ash (ウイッシュボーン・アッシュ)・Argus (百眼の巨人アーガス)・英国盤

Argus
百眼の巨人アーガス(UK盤)

Wishbone Ash (ウイッシュボーン・アッシュ)・Argus (百眼の巨人アーガス)・Black RCAレーベル

Argus
百眼の巨人アーガス(DECCA/RCA)

 先日、ウイッシュボーン・アッシュのアーガス(ARGUS)の事を書いたが、今回は4人のサインが入ったジャケットである。「アンディ・パウエル」と「テッド・ターナー」は勿論のこと、少し読みずらいが「マーチン・ターナー」と「スティーヴ・アプトン」と読めなくもない。初期の4人のサインである。アンディ・パウエルは前回のUSA盤とほぼ同じであるが、テッド・ターナーはUSA盤ではボールペン、UK盤ではサインペンであるので、少し見た目が異なるが、おそらく本物であろう。
 サウンドも素晴らしいに尽きる。ギターの音に輝きがある。輝いて聴こえている。ベースとドラムが限りなく深く低音部を奏でる。このバランスが感動させるのだ。素晴らしい音だ。このレコードも大切な1枚となっていることは言うまでもない!!

ウイッシュボーン・アッシュはこちら

2019.06.22 掲載

♪ 魅力的なレコードレーベル ♪

FOR YOU FROM US / ASTRONAUTS (アストロノウツ)

FOR YOU FROM US
ASTRONAUTS (アストロノウツ)

Fools Gold (フールズ・ゴールド・デビュー)

フールズ・ゴールド・デビュー
Fools Gold (フールズ・ゴールド)

 レコードはレコード盤に刻まれた溝の音を「どんな音がするのかな?」とか「いい曲かな?」と想像しながら、レコード盤に針を落とし(乗せるという方が良いかな)音を聴くのが楽しみだが、ジャケットの魅力もある。良く内容も分からないまま買ってしまったということもある。これを「ジャケ買い」といい衝動買いの一種だ。当、ホームページにもお気に入りのジャケットを「レコードギャラリー」として掲載している。興味のある人はご覧ください。
 また、ジャケットと同様に人気のあるのがレーベルだ。ジャケットがレコードやアーティストのイメージを創るのに対して、レーベルはレコード会社の顔とでも言うべきものであろうか?
 レーベルは作られた会社や製造された年、バージョンなどによって様々である。中にはレーベルに愛称なようなものを付けて呼ぶこともある。ビートルズのUKオリジナル盤などは「ゴールドパーロフォン」とか「イエローパーロフォン」と呼ばれて人気がある。ここでは、代表的なビクターのレーベルとナイスな帆船のレーベルをご紹介します。
 皆さんも、じっくりとレーベルのデザインを見てください。新しい発見があるかも・・・

「レコードギャラリー」はこちら

2019.06.15 掲載

♪ ミュージック・ライフ選定 ロック・ベスト100 ♪

ミュージック・ライフ選定 ロック・ベスト100(表)

ミュージック・ライフ選定
ロック・ベスト100(表)


ミュージック・ライフ選定 ロック・ベスト100(裏)

ミュージック・ライフ選定
ロック・ベスト100(裏)

音楽ではじまるきょう一日 レコード発明100年記念

音楽ではじまるきょう一日
レコード発明100年記念

 1977年は「レコード発明100年記念(1877-1977)」ということで、レコードのジャケットや帯にロゴマークが印刷されていたので、知っている人は多いだろう。
 その頃、各メーカーや雑誌でベスト100なるタイトル付きで様々なレコードの特集を組んでいた。ソニーでは「ミュージック・ライフ選定 ロック・ベスト100」という赤い帯で100枚のレコードが選ばれている。画像はそのときの対象となったレコードが印刷されているものだ。
 同一アーティストから数枚選ばれているものもあるようだ。当時の錚々たるアーティストの作品が並ぶ。
 あれ?ジョージ・ハリスンが仲間を呼んで開催した「バングラデシュのコンサート」も、その中の1枚になっている。そう、ボブ・ディランがCBS所属の歌手であるため、CBS/SONYからの発売となったのだ。

2019.06.14 掲載

♪ 皆さん感動してますか!? ♪

 6月に入って、今年も残り半年足らず。歳を取ると1年が早いな~!!と感じる。梅雨入りも6月7日に気象庁から発表された。いよいよ、鬱陶しい季節になります。昨日は私の母校が来年創立100周年を迎えるにあたり、記念行事として、校歌や応援歌をCD(デジタル)で残そうということで、昔の仲間と録音に行ってきた。すでに、四十数年も前のことで、歌詞もメロディーも忘れかけている時だ。後輩も何人か来ていた。昔の面影が残る。後輩がリーダーとなって応援歌も午前中にはどうにか録音が終わった!
 実行委員がレストランのランチを用意していたので、先輩・後輩と一緒に御馳走になった。帰りには後輩の働く職場へ。今日、仕事で来られなかった一人だ!!後輩も良い「おっさん」になっていた。
 来年はオリンピックイヤーと重なって母校にとっても重要な一年となりそうだ。
 ところで、近頃ではアナログとデジタルの音の違いを論じる媒体が減ってきた。アナログとデジタルの違いや特性が浸透してきたからだろう。私もお客さんに聞かれることがある。以前ならアナログはこうでデジタルはこうです。とか話したが今は細かなことは一切言わない。
 今は「感動を得られるか!・得られないか!」の違いです。と答えるようにしている。
 来年の東京オリンピックで得られる感動は、どれ程までに掛った費用に見合うものなのか?
 それは、別の国で行うオリンピックでは得られないものなのか?・・・

たそがれの恋~DON'T STOP BELIEVIN / UK盤(Factory Sample盤)

たそがれの恋~
DON'T STOP BELIEVIN
UK盤(Factory Sample盤)

たそがれの恋~DON'T STOP BELIEVIN / UK盤・レーベル(Side:B)

たそがれの恋~
DON'T STOP BELIEVIN
レーベル(Side:B)

 先日、オリビア・ニュートン・ジョンの「たそがれの恋~DON'T STOP BELIEVIN / UK盤(Factory Sample盤)」を手に入れた。
 UK盤はUSA盤に比べると、大人しいミックスが多い。ミックスが大人だな~と感心する。すでに、ヒット曲にも恵まれて世界的な女性歌手としてその地位を築いてきた頃の作品だ。透き通るような声に各楽器が静かに絡んでくるミックスは流石だ。ヨーロッパの国々は音楽的な造形が深く、ボーカルと楽器が上手くミックスされているのだ。
 素晴らしい。実は「こういう音作り」はデジタル音源(CD等)では難しいのかも知れない。やや霞が掛ったような音でありながら、各楽器がそれぞれに主張しながら補間し合うミックスとでも言おうか!
 ここに、アナログ音源の魅力(これを感動と言うのです)の原点がある。

オリビア・ニュートン・ジョンはこちら

2019.06.09 掲載

♪ USB外付けハードディスク ♪

 6月1日の午後1時32分にその悪夢はやってきた。私の愛用しているUSB外付けハードディスク(WD HDD ポータブルハードディスク 1TB My Passport Ultra Metal Edition)がパソコンに認識されなくなった。USBの取り外しをして、直ぐに引き抜いたのが原因のようだ。
 再度、繋ぎ直しても一向にドライブ情報が出ない。さらにアクセスの時間が異常に長い。やってしまったと思った。
 メモリースティックでは過去に何度か同じ状況になったこともある。その都度、リカバリーソフトで何とか復元を試みてきた。同じようにパソコンのリカバリーソフトを起動して、復旧を試したが全く歯が立たない。
 このハードディスクは2016年1月に購入したもので、前のハードディスク(60GB)が満杯となって購入したものだ。その時にデータを全てここに複写した。メモリースティック(10本分)のデータも複写した。既に前のハードディスクは使用不能であったり、メモリースティックに至っては物理的に壊れたものが殆どで読み込めるものではない。
 私はこのホームページ等を作成するために膨大な画像データを持っている。フォトショップやホームページビルダー等のデータも相当数ある。ホームページについては最低限のものはレンタルサーバーにあるが、元ネタやプログラム、会社の情報、様々な資料や旅の写真などが入っていたのだ。私の10年の蓄積、いやもっとかも知れない。それがここに入っていたのだ。泣きたい気分とはこのことだ。
 このハードディスクが復元できないと立ち直れないことは目に見えている。「何とかしなければ」と思い、メーカーのサイトからユーティリティをダウンロードして試みたり、新たな復元ソフトを試みたりした。その中で一社の復元ソフトがハードディスクを認識してくれた。スキャンをしてみたら、2時間程してハードディスクのフォルダーが表示された。
 復元のサイズも200GBとなっていた。そこからリカバリーボタンを押して約10時間後に準備ができたというメッセージが出た。さらに復元の時間が約6時間掛かり、何とかハードディスクの復元ができた。無料ソフト(500M迄は無料)だったが、結局1万円でライセンスを購入して復元した。
 さすがに1TB(テラバイト)の復元には時間が掛かるな。とりあえず、パソコンのハードディスクに復元したので、今度はパソコンの空き領域が無くなってしまった。信頼性は薄いが外付けのハードディスクの初期化をして、再利用するしか無かった。初期化についても、ウィンドウズからの認識もされず、インストール時の初期化を利用しようとしたが、USBのハードディスクでは受け付けてもらえず、結局同社の初期化ソフトを使ってフォーマットした。
 フォーマット(8TB迄は無料)は30分程で終わり、パソコンからUSBハードディスクへファイルのコピーを行った。約10時間位で140GB、残り60GBとなったところで、再度の悪夢が襲った。私はパソコンのハードディスクの空き容量を増やすために、コピーの終了したパソコン側のファイルを削除していたのだ。それが、残り60GBでまた同じ状況となった。さらにCRCチェックが2ヶ所あるというメッセージが出て、アクセス不能となってしまった。
 結果的に諦めて、もう一度、復元の処理をして何とか110GBの復元ができた。
 現在、6月5日午後3時現在は60数GBをコピーして使っている。勿論、今度はパソコンの復元ファイルは削除していない。
 私も終活活動の一環として、過去のデータを捨て去る決意をした。そのため、初めにコピーしたファイル等、約130GBは諦めた。今現在使っているデータの復元に留めて、この「レコード四方山話」を書いている。
 多くの時間と膨大なデータの損失があったが、どうにか作業ができる環境ができた。今回の事は誰にでも起こりうることで、諦めた人も多いかも知れないので、使用したソフトの会社へリンクを貼っておく。全てのケースが対応できるかは状況にもよるので、参考になれば幸いである。

この度は、お世話になりました。

2019.06.05 掲載

♪ Wishbone Ash (ウイッシュボーン・アッシュ) ♪

Wishbone Ash (ウイッシュボーン・アッシュ)・Pilgrimage (巡礼の旅)・米国盤

Pilgrimage
巡礼の旅(USA盤)

Wishbone Ash (ウイッシュボーン・アッシュ)・Pilgrimage (巡礼の旅)・DECCAレーベル

Pilgrimage
巡礼の旅(DECCA)

Wishbone Ash (ウイッシュボーン・アッシュ)・Argus (百眼の巨人アーガス)・米国盤

Argus
百眼の巨人アーガス(USA盤)

Wishbone Ash (ウイッシュボーン・アッシュ)・Argus (百眼の巨人アーガス)・DECCAレーベル

Argus
百眼の巨人アーガス(DECCA)

 私の好きなグループの1つがウイッシュボーン・アッシュだ。このホームページでも一聴入魂にも書いたり、再三、ジャケットを掲載している。1970年初頭からのグループ(詳細はウィキペディア参照)で当時はイギリスのベンチャーズと言われていたそうだ。
 私も友人から薦められて聴いたが、当時はビートルズが好きで生活の一部となっていたところに、新たにこのウイッシュボーン・アッシュが入り聴くようになった。もちろん、現在でも大好きなグループだ。
 もう、10年位前だがオークションに「Pilgrimage (巡礼の旅)」米国盤が出品された。何と「アンディ・パウエル」と「テッド・ターナー」のサイン入りだ。ファンとしては是非持っていたい一枚だ。何とか手に入れて、現在では店内に飾っているのは言うまでもない。
 ところが、先日、オークションを覗いてみると、何と今度は「Argus (百眼の巨人アーガス)」のUSA盤が出品されている。こちらにも「アンディ・パウエル」と「テッド・ターナー」のサインが入っている。
 それも、私の持っている「Pilgrimage (巡礼の旅)」と同じ時代の盤だ。もし、サインが本物であるなら、間違いなく同時にサインされたものだと思った。このレコードは兄弟レコードであろう。十数年の時を得て、私の手元で再会したことになる。何と素晴らしいことだろう。
 勿論、落札して無事に私の手元にある。大切なレコードとなった。

ウイッシュボーン・アッシュはこちら

2019.06.03 掲載

♪ フランシス・レイ(エモーション) ♪

ホンダのテーマ曲の
ピクチャー・スリーブ

ホンダアコードサルーンの
テーマ・「エモーション」

 私が10代、20代の頃、良い歌だな~!とか、良い曲だな~!というのは、だいたいTVやラジオ(深夜放送)の音源が主流で、たまに友達から教えてもらったり、レコード店でジャケットが気に入って買ったら(ジャケ買い)、良い曲があって好きなレコードになった!というのが大半だ。
 過去にそのような音源からタイトルやアーティストの分からない楽曲もレコード店に飛び込んで、昨日のラジオで流れてた歌とかTVのコマーシャルで流れていた曲とか、店員の前で口ずさんでみると殆どのレコードは見つかり手に入ったものだ。
 しかし、過去に一曲だけ、どうしても見つからない楽曲があった。1980年頃だと思うが、TVのコマーシャルで一度だけ聴いたフレーズが忘れられなくなった。確か楽器にシンセサイザーのような音があり、それらに関するレコードも買ってみた。
 あれから40年位は経っているであろう。レコード店でも分からず、お店を始めてからはお客さんにも聞いたりしていた。しかし、見つからなかった。
 ところが、ところがである。先日、来店したお客さんが、何とその曲のEP盤を持ってきたのである。このお客さんは川越から親子で2~3ヶ月に1回の割合で来店してくれる。子供さんがおじいさんから貰ったレコードに興味を持って、リサイクルショップで手に入れたレコードを持って聴きに来てくれる。家にもプレーヤーはあると聞いているが、わざわざ当店まで足を運んでくれている。
 そのEP盤は帰る間際に折角、持ってきて頂いたので聴いてみましょう!ということで、まず、A面を聴いてから、B面はどうします?と聞いたところ、最初は聴かなくてもいいかな?と言うような返事だったので、本日のラスト曲ということで、B面を聴いた。
 そして、驚いた!!何と私が長い間、聴きたくて探し求めていた一曲だったのです。灯台下暗し!!とは、このことか!!
 それが、フランシス・レイの「エモーション」だったのです。
 このEP盤はホンダ車のアコードのCMソングでレコードも非売品でした。早速にオークションで手に入れて、じっくりと聴き入っています。
 生きているうちに出会えて良かった!!

2019.05.25 掲載

♪ ビクター(ニッパー・コースター) ♪

ビクター(ニッパー・コースター)

ニッパー・コースター

ニッパー・コースター台紙

 珍しいビクターエンタテインメント社のニッパー図柄のコースターである。歴史のある会社であるが、現在は「株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント」が正式名称である。私も好きなメーカーであるがトレードマークにニッパー(His Master's Voice)が蓄音機の前で首を傾けている姿が有名で愛らしい。当初は蓄音機も瘻管を使ったものだったらしいが、現在は円盤型の蓄音機になったらしい。

2019.05.16 掲載

♪ 大相撲五月場所! 3日目 ♪

5月場所入場券

国技館のぼりばた

国技館 太鼓櫓

満員御礼

横綱土俵入り

大関戦?

横綱戦?

 今まで大相撲観戦はTV派であったが、生まれて初めて両国国技館に大相撲観戦に行ってきた。高額なチケットを大先輩から頂き、おそらく最初で最後の観戦となると思いながらの大相撲観戦となった。
 先輩には御ひいきの関取や楽しみな取り組みがあるらしく、最初からの観戦をしていたが、私は午後1時頃の入場となった。JRの両国駅を降りると目の前に両国国技館があり、多くの相撲ファンでごった返していた。
 先輩は特別2人マス席で取組表を見ながら観戦中であった。まだ、空席も見られたが、これが十両に入る頃には満席となった。いわゆる、「満員御礼」というものである。
 女性客の観戦の多さに驚くばかりだ!近頃では「スー女」と呼ぶそうである。ちなみに千秋楽には米国トランプ大統領が観戦されるようである。

2019.05.14 掲載

【2018年の四方山話】

♪ 25年振り 矢野口周辺を見た! 懐かしい! ♪

最初に住んだアパート外観

良く行ったリンガーハット
(川崎稲田堤店)

 矢野口周辺は結婚後、アパート住まいをした所で、25年ぶりに訳あって訪れた。私は平成5年8月に日高市武蔵台に越してきたが、この矢野口(当時の住所は川崎市多摩区菅)からであった。
 久しぶりに行くと、随分と様変わりをしていたが、当時住んでいたアパート(建て替えたようだが、名称は同じだった)や良く行ったリンガーハット、地元のスーパーなど、懐かしいところも沢山あった。
 しかし、もう二度とこの地には訪れることは無いかな!と思うと何だか寂しい気分になった。

2018.11.30 掲載

♪ 2018年11月24日(土) 東郷公園もみじまつり JAZZライブ ♪

御嶽山鳥居

御嶽山鳥居

夜のもみじ

夜のもみじ

お社

お社

夜のもみじ

夜のもみじ

夜のもみじ

夜のもみじ

東郷平八郎像

東郷平八郎像

月にもみじ(1)

月にもみじ(1)

月にもみじ(2)

月にもみじ(2)

月にもみじ(3)

月にもみじ(3)

月にもみじ(4)

月にもみじ(4)

 今年も店のお客さんと東郷公園のJAZZライブ行ってきました。昨年も来ましたが、当レコード四方山話には掲載をしていない。忙しかった?のかな・・・
 JAZZのライブはもみじ祭りの前夜祭という位置付けで行われているもので、本祭は明日(11/25)である。
 今年は天気も良く輝くような月の下でのJazz Live!でした。

 今年は例年に比べて出演するバンド数が少ないようだ。いつもだとバンド演奏前に尺八演奏や和太鼓の演奏、さらには吹奏楽団などの演奏もあるが、中には無くても良いような演奏や歌がある。やはり、ジャズの演奏と女性ボーカルが良い。
 最初は水岡のぶゆき氏が率いるバンド演奏だ。水岡氏がキーボードでベースギターとパーカッションという構成だが、そのパーカッションが独特の響きをもっている。今までにない魅力的なバンドだ。以前は女性ボーカルがいたこともあるが、今年はリズム感たっぷりの演奏となった。CDを購入してもう一度聴きたいと思う程だった。来月には朝霞でライブをやるそうである。

 後半は地元のグループで山口じゅんさん率いるJazzBand(キーボード・サックス・トランペット・ドラム)とアユコさんのボーカルが素晴らしいバンドでした。「枯葉」の演奏から最後のアンコールまで、本当に素晴らしい演奏と歌声でした。また、来年の開催に大いに期待しましょう!!

 ※ベースギターを弾いている方が「山口じゅん」さんです。

 アユコさんは地元出身の女性ジャズボーカリストであるようですが、元々は和太鼓奏者としても知られる異色のボーカリストみたいです。セカンドアルバムをアナログレコードで出されたということで、こちらも購入してみました。音域が広くて今後が楽しみなボーカリストです。

2018.11.25 掲載

♪ 伝説の番組 シャボン玉ホリデーのエンディングテーマ ♪
(ザ・ピーナッツ・ハナ肇とクレージーキャッツ)


Side A
1.マリアエレーナ
2.ソラメンテ・ウナ・ベス
3.マリア・ラオ
4.テ・キエロ・ディヒステ
5.オールウェイズ・イン・マイ・ハート
6.アモーレ
7.アディオス・マリキータ・リンダ


Side B
1.スター・ダスト
2.虹の彼方に
3.セント・ルイス・ブルース
4.オールウェイズ
5.アマポーラ
6.マルタ
7.ムーンライト・セレナーデ

 シャボン玉ホリデーといえばザ・ピーナッツとハナ肇(クレージーキャッツ)を思い出す。シャボン玉ホリデーは1961~1972年(日本テレビ/日曜夜18:30-19:00)迄、放送されていました。当時のザ・ピーナッツとハナ肇(クレージーキャッツ)は人気絶頂期でバラエティ番組(音楽・コント・ナンセンス)の先駆けとなった番組です。また、音楽的にも優れていて、エンタテイメント性も持ち合わせていました。
 特にエンディングでハナ肇のコメントにザ・ピーナッツが「肘鉄を食らわせる」とハナ肇がおかしな顔をするといのが定番でしたが、BGMに使われていたロス・インディオスのスター・ダストが静かに流れていたと記憶しています。
 今改めて聴いてみると、とても新鮮で音質的にも素晴らしいです。ビクターの音作りに感動を覚えます。是非、アナログ・サウンド・ラボで聴いてみてください。

スーパーギタートリオはこちら
ギター/バンジョー・サウンドはこちら

2018.10.22 掲載

第17回ジャズ入門講座&交流会!

第17回ジャズ入門講座&交流会のポスター

第17回ジャズ入門講座

交流会のポスター

BIG BAND の楽しみ
~歴史的な変遷とサウンドの魅力~

BIG BAND の楽しみ~歴史的な変遷とサウンドの魅力~ の資料
BIG BAND の楽しみ~歴史的な変遷とサウンドの魅力~ の資料
BIG BAND の楽しみ~歴史的な変遷とサウンドの魅力~ の資料
BIG BAND の楽しみ~歴史的な変遷とサウンドの魅力~ の資料
瀬川昌久氏プロフィール

瀬川昌久氏プロフィール

瀬川昌久の解説

瀬川昌久氏の解説

瀬川昌久の解説

瀬川昌久氏の解説

 二年振りのジャズ入門講座&交流会をお客さんと聴きに行った。相変わらずジャズには疎い私だが、ご高齢になられた瀬川氏の明快な解説と貴重な映像・音源についつい引き込まれてしまった。私などは近頃では昨日の出来事も忘れてしまうような健忘症?であるが、瀬川氏の戦前の話から始まり最近のJAZZの近況まですらすらと言葉が出てくる事には脱帽である。多くのJAZZプレーヤーの演奏を肌で感じてきた生き字引のような先生だ!
ミニコンサートは入間市文化創造アトリエアミーゴを拠点に活動するSwing Addict Big Band (スイング アディクト ビッグバンド)とクラリネット奏者の谷口英治氏とのジョイントコンサートであった。

♪ Swing Addict Big Band
(スイング アディクト ビッグバンド) ♪

Swing Addict Big Band (スイング アディクト ビッグバンド)
Swing Addict Big Band (スイング アディクト ビッグバンド)
Swing Addict Big Band (スイング アディクト ビッグバンド)
Swing Addict Big Band (スイング アディクト ビッグバンド)
Swing Addict Big Band (スイング アディクト ビッグバンド)
Swing Addict Big Band (スイング アディクト ビッグバンド)

♪ Eiji Taniguchi & Swing Addict Big Band
(谷口英治&スイング アディクト ビッグバンド) ♪

Eiji Taniguchi & Swing Addict Big Band (谷口英治&スイング アディクト ビッグバンド)
Eiji Taniguchi & Swing Addict Big Band (谷口英治&スイング アディクト ビッグバンド)
Eiji Taniguchi & Swing Addict Big Band (谷口英治&スイング アディクト ビッグバンド)
Eiji Taniguchi & Swing Addict Big Band (谷口英治&スイング アディクト ビッグバンド)
Eiji Taniguchi & Swing Addict Big Band (谷口英治&スイング アディクト ビッグバンド)

♪ Eiji Taniguchi New Quartet / Seems Like Old Times ♪
谷口英治 New カルテット
(シームズ・ライク・オールド・タイムズ)

谷口英治 New カルテット / シームズ・ライク・オールド・タイムズ ジャケット(表)

ジャケット(表)

谷口英治 New カルテット / シームズ・ライク・オールド・タイムズ ジャケット(裏)

ジャケット(裏)

谷口英治 New カルテット / シームズ・ライク・オールド・タイムズ CD

Disc

谷口英治 New カルテット / シームズ・ライク・オールド・タイムズ

谷口英治 New カルテット / シームズ・ライク・オールド・タイムズ

解説書(左頁)

谷口英治 New カルテット / シームズ・ライク・オールド・タイムズ

解説書(右頁)

チケット

チケット

小栗久美子(日本で唯一のトルン奏者) トルンの調べ

小栗久美子
(日本で唯一のトルン奏者)
トルンの調べ

スイング アディクト ビッグバンドの 4th Live!

スイング アディクト ビッグバンドの
4th Live!

入間市文化創造アトリエ(アミーゴ)はこちら
第17回ジャズ入門講座&交流会(終了してます)はこちら

2018. 6. 18 掲載

Now Loading...

Now Loading...